« 漫画喫茶からこんばんは | メイン | 近頃の… »

うつ病、死にたくなる気持ち―私の場合―

夜の海たまに過去の投稿を振り返って「もうちょっと違う書き方をすれば良かったな」なんて思うことが多々あります。特に10月15日の記事は自殺願望について少し触れたのですが、とても難しい問題だけに、もうちょっときちんと書いた方がいいかなと思いました。

かと言って、うつ病の人が「死にたい」と思う思い方は十人十色だと思います。簡単にまとめられないでしょう。なので私の場合について書きます。うつ病の周りの方、良かったら参考にしてください。弱ってる方、フラッシュバックの恐れのある方はご遠慮ください。


大体の本などの情報には「自殺願望が出るのはうつ病の回復期」だと書かれています。うつ病が回復するまでの流れとして、まず意欲低下、不安感、体調の崩れなどの症状が現れて、全体の調子が下降します。そして薬が効いたり、休養の効果などで調子がやや上向きになります。この調子の上下の波を幾度か繰り返して、波の触れ幅が小さくなって、最終的に回復となります。

そして自殺願望が出やすいとされる回復期は、その波が上向きになって再び下降しようとする時のことを指します。本人的には「調子が良くなってきたのに、また何だか不安になってきた。またうつ病の苦しみを味合わなければならないのか。ひょっとしたらもう治らないんじゃないか。」など、様々な不安、絶望が襲ってきます。また、うつ病の最もひどい時を思い出し、恐怖に怯えますが、意欲・体力はその頃よりあるので、自殺を行動に移すことが出来るなどとも書いてあります。



ですが、「死にたい」と思っている人の気持ちはそんなに単純なものではありません。





ここから私の体験を―最初の自殺未遂の話をします。その時の自殺願望が1番ひどくなる直前の私の状況は、仕事中に倒れた為退職し、すぐにアルバイトを始めたものの過呼吸に悩まされていました。奨学金も返さなきゃいけない、生活していけない、働きたい、実家に帰りたくない、誰にも迷惑をかけたくない、―とにかく頭の中は不安要素で一杯です。

付き合ってすぐのメガネさんが、その時すでに貯金が底を突き始めていた私を援助しようとしてくれていました。親にさえ仕送りをねだったことが無い私にとって、メガネさんへの借りは大変な迷惑をかけてしまったとしか思えませんでした。

そしてとうとう、バイト先でも倒れてしまいました。メガネさんはその時学校にいたので勉強の邪魔はしたくないと、私は他の人を頼りました。よりによって元彼です。いくら友達に戻ったと言っても、この行動はメガネさんを傷つけたのは当然です。「迷惑をかけたくない」と強く思い過ぎて、大事なことを見落としてしまうのです。そして傷つけてしまったことでまた申し訳なく思うのでした。





その頃から「私は何故生きているんだろう」という気持ちがどんどん大きくなりました。生きているだけで沢山の人に迷惑をかけて心配させて、一体何の価値があるのだろうと。そして頭の中で「死ぬ為のシミュレーション」が具体的に行われるようになるのです。

どうやって死んだら1番人に迷惑をかけないか

死ぬまでに何をしたら迷惑が最小限で済むか

とにかく具体的なのです。何度も細かく計画を立てます。



10月15日の記事には「助けてサインを遠慮せずに出しまくりましょう」と書きました。ですが極端なことを言うと、サインが出せたら死なずには済むのです。周りが気が付きますから。

しかし残念なことに、死のうとする人にとって「出来るだけ迷惑をかけない」ことを考えたら、周りにいかに気付かれずに死ぬかが大切になってしまうのです。サインなんか出すつもりは毛頭ないのです。

ですからもし誰かが自殺して、それを止められなかったとしても、誰の責任でもないのです。止められない為に、気付かれない為に心の中でひっそりと死ぬ準備をしているのですから。





私があまりに不調なのと情緒不安定なのを心配して、メガネさんは一緒に暮らすようになりました。夜に私がしょっちゅうメガネさんを呼び出していたので、同棲は不安な夜が無くなることを意味します。

が、一緒にいても、横にメガネさんが寝ていても、不安感が消えることはありません。夜の暗闇は孤独感を一層ひどくさせます。「これ以上生きていて何の意味があるんだ」希望も何もかも暗闇に飲まれます。



気付いた時にはメガネさんを起こさないように細心の注意を払いながら、カーテンレールに紐をかけて頭を入れたところでした。

付き合い始めてすぐなのに、メガネさんには迷惑を沢山かけてしまった。このまま生きてたら、金銭的にも精神的にも迷惑をかけ続けるだろう。今ならまだメガネさんの人生を狂わさずに済む。この人なら新しく素敵な彼女を見つけられるだろう。死んだら奨学金の返還は父がしなければいけないけれど、このまま利子が増えるより早い方がいい。後は足を踏み出せばいい。。。





私が生き延びられたのは何故かと言うと。

メガネさんのイビキが聞こえた時に、メガネさんが朝に起きて私の首吊り死体を見つけた時のことを想像したのです。と同時に、何度も見てきた自殺未遂の母の姿を思い出しました。



実家に住んでいた頃、夜中に父に起こされました。「junco。母さんがまたやった。起きろ。」起きると母が冷たくなっています。2人で母を車に運び入れる時の冷たい体、重たい足首。胃の洗浄をされる母をボンヤリ見ていました。

また別の日には自殺宣言をした母を止めることが出来ず、見殺しにしようとした時のこと。結局母の喉に指を突っ込み薬を吐かせたのですが、その時の感触も鮮明に思い出されました。そして微かに覚えている、包丁を振り回す母の姿も。



死んだ姿を見せて、メガネさんが傷付かない訳がない!!!



そして紐が絡まった状態でメガネさんに助けを求めました。起きて来たメガネさんは充分驚いていたし、また充分過ぎるほど傷つけてしまいました。



それからメガネさんには「生きてくれてるだけでいい」「死なれたら本当に辛い」「迷惑なんて思ったことはないし、もし迷惑をかけてると思うなら、生きてくれてるだけで元は取ってるから大丈夫」などと様々なことを言われました。どの言葉も共通して感じたことは「死んだ方が迷惑をかける」という事でした。



ですから「迷惑をかけている」と思いがちなうつ病の方のご家族、パートナー、周りの方は「生きてくれてるだけでいい」と言葉で伝えるのも、結構大事かもしれません。あくまで私の場合ですが。。。長くなりました。



コメント

juncoちゃんへこんにちは。私もブログで自殺未遂の実体験を書いてるけど、「なんで自分が生きているんだろう」と思う瞬間ってあるよね。生きている意味が解らなくなるって言うのかな…ブログでは書いてないけど、私の母もよく狂言自殺をする人でした。だからなんかこの記事読んでると私も昔の母の情景を思い出してjuncoちゃんも苦しかったんだろうな…って。>仕事中に倒れた為退職し、すぐにアルバイトを始めたものの>過呼吸に悩まされていました。奨学金も返さなきゃいけない、>生活していけない、働きたい、実家に帰りたくない、>誰にも迷惑をかけたくない、―とにかく頭の中は不安要素で一杯です。私も全く同じだったな。人を頼ることを、頼り方がわからなくてなんでも自分でしようとしてた。でも結局女一人でしかも病気持ちだったら出来ることって限られてくるし。貯金は底をつくし…。親にもお金さえねだったことないのに、結局最後は先生に援助してもらってそれがとても心の負担になってたかな…。帰るところもなくて離婚した後結局帰りたくなかった実家に帰って今大変なんだけど。早くお金貯めて家を出ようかとは思ってるんだけどね…。 juncoちゃんは、メガネさんのような優しい人に出会えてよかったね。私も早くいい人に出会えたらいいなぁ。

え~っと二回目の投稿になります自分も一応、未遂者になります俺は昔から冷めていたマセガキで自殺のニュースを見てもだせえとか情けないとか思っていましたやるときも友達にあったりして当時浪人していた友達にカセットテープをプレゼントして死ぬ準備してました結局は深いところまで切れなくて終わったけど今までも手首見ると悲しくなりますでもそれから生きる意味や存在価値が分からなくてずっと無職でした人間の構造ってよくわからないですよねなんか趣旨違いのコメントですねごめんなさいあと迷惑じゃなかったらどうぞ自分のブログですID↓kelly_tennessee

<黎ちゃんへ>この話は黎ちゃんにはキツイかなとちょっと心配してたんだけど、大丈夫かな?そっか、黎ちゃんのお母さんも狂言自殺しちゃう人やってんな。フラッシュバックとか大丈夫やった?変なこと思い出させたらゴメンね;黎ちゃん、早く家から出られたらいいね。本当に。うん。いろんなことから解放して欲しい感じ。上手く言えへんけど^^;うちは5年前、自分がこんな生活を、実家から離れた生活を送れてるなんて思ってもなかった。黎ちゃんも案外、そんな感じでひょっこり幸せの種がやって来てるのかも。芽を出して、すくすく育つのは時間がかかるけど。>juncoちゃんも苦しかったんだろうな…って。>メガネさんのような優しい人に出会えてよかったね。優しい言葉、いっぱい、ありがとね。

<KELLYさんへ>KELLYさん、コメントありがとうございます^^>今までも手首見ると悲しくなります>でもそれから生きる意味や存在価値が分からなくてずっと無職でした前に書いてくださった「捨てられるかもっていう恐怖」とか色々、KELLYさんなりの辛さや苦しみがあったんですね。今は大丈夫ですか?全然趣旨違いのコメントなんかじゃないですよ。思ったことや思いついたこと、引っかかったことがあったら、カキコしてください。後でブログの方お邪魔しますね☆ではではまた^^

こんばんは。メガネさんだけじゃないですよ。他にも悲しみ傷つく人はたくさんいますから。僕だって、これを読んでいるたくさんの人だってそう。頑張ってください。

<tadashiさんへ>そうですよね。本当に。tadashiさんの言葉忘れないようにしないと!ですね!たくさんの人に支えられたり、気にかけてもらったりしてるのに。とにかく生きてきて、こうやってまた素敵な人達と出会えて良かったです☆tadashiさん、温かい励まし本当にありがとう。感謝です^^v

コメントありがとうございます安定した日々を過ごしていてもなにかの拍子でたまにきますそうなっても今は煙草の本数が増えるか家で鬱になっている感じですjuncoさんのブログが悪いって言っているんじゃないんですよ言葉を間違えたと思ってまた書きましたシャワーと向日葵のたとえいいですねみんなに早く降る事を願いますブログを読んでホントは幸せになりたくてもそれが怖くて拒んでしまう自分が変われいいなと思いました今はこんなですけどどうにか頑張ろうと思いますI AM SAMのサントラをおすすめします

juncoさん、おはようございます(^-^)/とっても考えさせられる記事ですね。もし、ヨンコが朝冷たくなっていることを想像すると、身が引き裂かれる思いです。っで、一生自分を責め続けると思います。「何故助けてあげられなかったんだろう・・・」その呪縛は一生癒えることはないと思います。メガネさんの言っていた>「生きてくれてるだけでいい」>「死なれたら本当に辛い」>「迷惑なんて思ったことはないし、もし迷惑をかけてると思うなら、生きてくれてるだけで元は取ってるから大丈夫」その気持ちが痛いほど分かります。迷惑をかけたくないと思ってとった行動が、逆にその人を傷つけてしまうことって多いですよね。生きていれば必ず何かに迷惑をかけてます。> 「自分の存在が周りに迷惑をかける」という考えを取り除いてあげましょう♪私もとっても大切なことだと思います。juncoさん、大変苦しんだんでしょうね。生きているだけで苦しいと感じることも多いと思いますが、メガネさんと共に頑張ってください。

こんにちは、こちらでははじめまして、です!><本当に、最近のわたしの状態にすごくよく似ていてすごく参考になりました。わたしもうつ、パニック、過呼吸に悩まされ続けています。家庭内でもいろいろ問題があって、うちの場合も母がおかしいんです。juncoさんとは状況は違いますが。。だから病気のことを言いたくなくて、いつも母が大声を出すたびにうつやパニック状態になって、それに気づかれないようにするのもつらいです。ひとりのときに過呼吸になっちゃうと自分ひとりでは落ち着くのが難しくて腕をカッターで切って落ち着くようにしていて、でもやった後にあぁまたこれで大切なひとをがっかりさせてしまうと思うと悲しくて。いまは彼氏がjuncoさんにとってのメガネさんみたいな存在で、すごく頼ってしまって申し訳ないって思います。でも彼がいなかったら、ほんとうにどうやって生きていったらいいかわからない。。でも、わたしもいつか家を出て、じぶんの家族を築いて、ちゃんと幸せになるんだ!だからそのために、明るいうつ患者目指してます><だからこのブログにはさいきんとてもとても助けられています。ありがとうです><

はじめまして。僕もうつ病関連のブログを書いていますがjuncoさんの記事をみてちょっとショックを受けました。僕も多少なりとも自殺願望を持ったことはありましたが、ここまで具体的には・・・自分は軽いうつ病だったんだと思えました。気が楽になって、、、ありがとうございました。

こんにちは。いづみさん、ireinaさんブログからやってきました。うちの母も父が亡くなったのを気に「うつ病」だったことを思い出しました。※母は病気も治り、再婚して元気です。うちの母の場合もそうでしたが、やっぱり周りに迷惑をかけたくないって人が多い病気のようですね。juncoさんはでもメガネさんに会えて幸せだと思う。そうなにかハンデをおったときでも愛してくれる人。素敵な人ですね。大事にして下さい。そして母が病気が治ったように治る病気なので頑張ってください。うちの母は5年かかりましたが、完全に治りました。

<KELLYさんへ>わざわざ、ありがとうございます♪>みんなに早く降る事を願いますホントですね。私はそんなシャワーが降ってくれるなんて思ってもみなかったから、KELLYさんの所にも、ひょっこり降り始める日が来るといいですね。>ホントは幸せになりたくてもそれが怖くて拒んでしまう自分が変われいいなと思いました変わりたいとKELLYさんが思ってる限り、少しずつ、変われると思いますよ^^vお互いボチボチ行きましょうね☆I AM SAMのサントラ、覚えておきます!

<やっくんへ>>juncoさん、大変苦しんだんでしょうね。>生きているだけで苦しいと感じることも多いと思いますが、メガネさんと共に頑張ってください。いつも優しくて温かい励まし、本当に嬉しいです。ありがとうございます。そうですよね、やっくんだったらメガネさんの気持ち、すごくわかるんでしょうね。メガネさんを「何故助けてあげられなかったんだろう・・・」っていう後悔に、縛らずに済んで良かったと、つくづく思います。「生きてくれてるだけでいい」と言ってくれた、メガネさんにも感謝です☆

<桃子さんへ>コメントありがとうございます^^v>だから病気のことを言いたくなくて、いつも母が大声を出すたびに>うつやパニック状態になって、それに気づかれないようにするのもつらいです。そうだったんですか。パニック状態になるのは、苦しいですね。腕を切らないと落ち着けないのも、すごく苦しいんでしょうね。それだけ、お母さんの声が、桃子さんにとっては影響が大きいんですね。>いまは彼氏がjuncoさんにとってのメガネさんみたいな存在で、すごく頼ってしまって申し訳ないって思います。彼氏さんは、きっとメガネさんと同じように、桃子さんの心も体も平和になることを、1番望んでると思いますよ。その為なら、どんどん頼っていいと思います。これはあくまで参考程度の意見として聞いてもらえたら嬉しいんですが、お母さんがもし通院されていないのなら、お母さんが叫んだりした時は、119番に電話するのも1つの手段だそうです。また自治体の相談所に相談するのも良いと思います。そして桃子さんが通院されてるんでしたら、お母さんの状況もしっかり伝えて、どうすればいいか、専門家の意見を聞いてみましょう。また、お母さんがもし通院されてるのでしたら、担当医の先生にお母さんの状況を、正しく伝えられる桃子さん以外の家族が家族面談されるのが良いと思います。1日でも早く、桃子さんの心に逃げ場が出来るようになるといいですね。このブログが少しでも役に立てれば幸いです。

<skykrtさんへ>初めまして。コメントありがとうございます^^うつ病も軽症うつという半年や1年で治るものから、色々原因も違いますから、人によって症状も治り方も様々なんでしょうね。でもうつ病は誰でも辛いものですから、きっとskykrtさんも大変だと思います。少しでも気が楽になってもらえたら、良かったです!さきほど、少しだけ、ブログの方を、見させていただきました。「認知度」が上がるといいですね♪ゆっくり休んで早くうつ病から回復されることを願ってます。ではでは、また来てください^^♪

<さやさんへ>こちらでは初めまして!コメントありがとうございます♪お名前だけは色んなところで見かけていました^^vお母さん、うつ病治られて、良かったですね!5年かかったんですか。その間、さやさんも心配されていたんでしょうね。元気になられて本当に良かったですね。>素敵な人ですね。大事にして下さい。>そして母が病気が治ったように治る病気なので頑張ってください。はい。メガネさん大事にしていきます(照)。温かい励まし、ありがとうございます。嬉しいです。必ず治ることを忘れずに、ゆっくりガツガツ治していきます(^-^*)

自分が死んだら確実に悲しんでくれる人の存在って、ありがたいよね。人に頼られるってすごく嬉しいことだと思う。メガネさんと話したことないから(当たり前・笑)本当のところは分からないけれどでも、メガネさんもjuncoちゃんに頼られることによって迷惑どころか、自分の生や存在意義を実感しているんじゃないかって思う。もしかしたら、juncoちゃんにとって生きるということは死ぬことより辛く思える時もあるかもしれないけれど、あなたの大切なメガネさんの為にもあなたは生きていかなくっちゃ。そしてちょっとは、PCの向こうで見守っているあたし達のコトも考えてね。笑

<みかちねーさんへ>みかちねーさんは優しい上に、ホントにエスパーみたい(笑)>迷惑どころか、自分の生や存在意義を実感しているんじゃないかって思う。そんなことを、最近メガネさんが、ちょこっと話してくれました。そうなの?って思ってたので、ビックリです☆>PCの向こうで見守っているあたし達のコトも考えてね。笑はい。最近はすご~く心強いです。メガネさんにしか毎日の不安は表現できなくて、週1回の病院に行くまで、「もうちょっとで話を聞いてもらえる」って我慢してたのが、PCに泣きながら泣いたことを書いたら、みかちねーさん達が励ましてくれるなんて、もうめちゃめちゃうちは今、心強いです♪感謝です。みかちねーさんに会えて、うちはほんとに幸せです(^-^*)5年前、生きる方を選んでホントに良かった!!!

juncoさん、はじめまして。以前から拝見させていただいていましたが、初の書き込みします!自殺願望について、かなり僕と似ているので驚いています。「いかに周りに迷惑をかけずに死ねるか」この考えをもとに死のシュミレーションを繰り返しましたが、結局答えが出ないまま 現在に至ります。どう考えても 誰かに迷惑をかけてしまうんですよね。もしその時、答えが出ていたら 実行していたと思います。でも、いまは生きることに 前向きになってきました。お互いボチボチやっていきましょう☆

<壱成さんへ>壱成さん、初めまして。初コメントありがとうございます^^♪>どう考えても 誰かに迷惑をかけてしまうんですよね。>もしその時、答えが出ていたら 実行していたと思います。そうだったんですか。答えが出なくて、良かったですね。きっとすごく苦しい思いをされたんだと思いますけど、良かったですね。>でも、いまは生きることに 前向きになってきました。>お互いボチボチやっていきましょう☆本当にボチボチがポイントですね!ボチボチいきましょう(^-^)vではでは、また来てください♪

前回は、初の書き込みに優しいお返事ありがとうございました^^質問なのですが、juncoさんはメガネさんという優しいパートナーさんを見つけるまでは、誰のことを考えて「死にたい気持ち」をこらえてましたか?私は家族とうまくいかなくて、うつになってからなかなか友達とも遊べなくてあれー私っていなくなってもいいのかも、ってどんどん凹んでしまいます。そんな時、「生きててほしい」って言ってくれるパートナーがいて愛されてる人はいいですが、いなかったら…今の内に消えた方が良いのかなーとか、ぐるぐるしてしまいます。誰に泣きついていいかわからなくて、ついjuncoさんに甘えてしまいました。。ごめんなさい。

<なつみさんへ>>前回は、初の書き込みに優しいお返事ありがとうございました^^いえいえ、お役に立てたかどうか気になってたので、そんな風に言っていただけると有難いです^^♪メガネさんと出会う前ですか…。私は中学生頃からうつ病だったようなんですが、「気付いたら刃物を持っている」という感じで、錯乱したりしたせいもあるのでしょうが、記憶がかなり無い状態です。う~ん。あんまり役立つ経験が無いですね;ただ、私はブログを始めたのがつい最近2ヵ月半前です。その短期間でたくさんの励ましをくださる優しい方々に出会えました。>そしてちょっとは、PCの向こうで見守っているあたし達のコトも考えてね。笑と言ってくれた人もいました。嬉しかったです。きっとなつみさんは、将来素敵な人に出会えるでしょう。だってそれは予想もしないところから急に現れるものですから。そして、なつみさんのPCの向こうには、なつみさんの苦しみを知っている人として、新しく私も追加されました。これで、なつみさんがもし消えてしまったら、「私がなつみさんの何の役にも立てなかったからだ。」「家族のことで辛いって聞いてたのに、深い所まで聞かなかったからだ。」って、正直すごく落ち込みます。いつでもカキコしてくださっても、メールくださっても(メールチェック遅いのですが;)いいです。気付いたらすぐにカキコします。一緒に治していきましょうね。生きて生きて生きまくりましょうね。

<なつみさんへ つづき>あと、どうしてもピンチの時は「いのちの電話」に電話してみてください。他にも「自殺予防センター」など各自治体によって違いますが、電話があります。

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.34

Copyright (c) since 2004 junco. All Rights Reserved