« またもやデンジャラス! | メイン | 一問一答、仕込み疑惑 »

許シテアゲーナはウンザリーナ

昨日は1日中、寝てました。
自分のブログのコメントの返事だけして、あとは寝まくりです。
軽くフラッシュバックが起きたので。

今日はややもすると言葉がキツク感じられるかもしれません。
また、「憎しみ万歳」「怒り万歳」と言いたい訳ではありません。
その辺をご理解して頂いた上で、読んで頂けると有難い限りです。

よく使われる日本語に「水に流す」という言葉があります。
この言葉、実に日本の文化らしいというか、清々しく感じますよね。
ですが、こと“虐待”に関しては、決して使って欲しくない言葉です。

以前にも書いたかもしれませんが、虐待には様々なものがあります。性的虐待・肉体的虐待・精神的虐待・心理的虐待。どの虐待にも優劣は無く、一様に心には深い傷が刻まれます。

コメント

大丈夫かい?ほんと、juncoちゃんのblogは学ぶ事多いよ。人ってやっぱり自分で経験してみて初めてわかることあるし。だからって、わからなーい!と考える事を放棄するのはだめだから、少しでも理解しようと努力するわけだが・・・。(←意味不明な文だわ)>怒って当然の仕打ちなんですから。虐待は。ホントだよね、許せない行為。世の中から虐待が消えればいいけど・・・何故にこんなに多いんだろうね。

虐待を受けた人が悪いんじゃない!同感です。全くその通りだと、私も思います!水に流すなんて、とんでもない!「許すかどうか」は、本人が思うことで、決して人から強要されることじゃない。それこそ、虐待です!juncoさん、リンクさせていただきました。他のバナーの分は、リンクフリーみたいに書いてあったので勝手に貼っちゃいましたけど、よかったですかね?なんとなく、どこに書いたらいいのか分からなかったもので…ここに来られている方かな?もしそうでしたら、どうぞよろしくお願いします。

<ireinaねーさんへ>あう~(;_;)いっぱい泣いたので、もう大丈夫です…(´・ω・`)ちょっと、あんまり「許してあげれば」って言われ過ぎたのが、今更ながら参っちゃいました。。。>少しでも理解しようと努力するわけだが・・・。ireinaねーさんやメガネさん、共通して有難いのは、こういう気持ちで接してくれる所です。めちゃめちゃ嬉しいのです。ホンマに!!!>ホントだよね、許せない行為。そう、なのに責められるのは虐待をカミングアウトした子供側だったりするから、そういう意識から変わっていってほしいです(>_<)

<院長さんへ>>「許すかどうか」は、本人が思うことで、決して人から強要されることじゃない。それこそ、虐待です!そうなんですよね。なのに強要してくる人の多さにビックリです;何故虐待をした大人を周りがかばうのか、現実と直面する勇気が無いからでしょうか?謎です。リンクありがとうございました。32条改正反対プロジェクトの筆頭なのが、バナーリンクさせてもらってる、32cresaderさんです。そちらが32条関連に1番詳しいし活動的だと思いますよ。良かったらそちらのサイト、是非参考にしてください♪

juncoさん虐待された子供にまったく罪はない。本当にそうですね。そして簡単に「こんな事情があったんだから許してあげれば?」こんな事を言われる程辛い事はありませんね。そして、こういう風に言う人に対して冷静に解りやすく反論してるjuncoさん 素晴らしいです!このページとっておかなくちゃ。私は子供達には連鎖させなかったと 思いたいです。途中で気が付いたことなので間に合わなかったかもしれない、、多分させていないでしょう。子供達とこの手の問題を話し合ってます。私の人生にはまだ大きく蔭を落としています。「許してあげたら」と囁く声が自分の中にもいるのです。多分これが最大の敵と思われます。ふふっ ばかですね。

激しく同感です。あたしもじぶんのHPで書いていますが、言われていちばんつらいのは、「もう忘れて幸せになりなよ」という類の言葉。忘れられるなら病気になんかなるかーーーーーーー!!!!(怒)って思いますよね・・・。許してあげなよなんて周りが言うことで、許せない自分を嫌いになってどんどんうつの悪循環に陥っていくんだよぅ、でも、健康な人には、それがわからない人のほうが多いのでしょうね・・・。

<ゆきさんへ>ゆきさんに褒められて嬉しいです(^-^*)ありがとうございます。>多分させていないでしょう。子供達とこの手の問題を話し合ってます。以前書き込みして頂いた時の話を思い出し、あえて「多分」と仰るゆきさんの、何と言うか、今まさに戦ってる最中というのが伝わってきます。そんな姿勢の親御さんなら、連鎖する訳が無いと個人的には思いますよ。>私の人生にはまだ大きく蔭を落としています。>「許してあげたら」と囁く声が自分の中にもいるのです。>多分これが最大の敵と思われます。>ふふっ ばかですね。いえ、全然ばからしくなんかありません。この気持ちは私の奥底にも、未だにしっかりと根付いています。「最大の敵」は、自分自身。本当にそうですね。私の中にも蔭はありますが、今思うと、昔は全てが真っ暗でした。蔭ができたということは、光も差してるということで、お互いどんどん光を取り込めればいいですね。

<ももさんへ>>忘れられるなら病気になんかなるかーーーーーーー!!!!(怒)全くですね。ももさんの傷があまりに深くて病気になったのに「もう忘れて幸せになりなよ」は…キツイですよね。>でも、健康な人には、それがわからない人のほうが多いのでしょうね・・・。これは、健康・不健康というより、人の痛みを想像できるかどうかだと思います。不健康でも自分の痛みしか訴える事が出来ない人も多いですし、反対に健康でも、すごく人の痛みに敏感であろうとする人もいますし。ももさんは、今はこれでもかと言う位自分に優しく、悲しい時には泣いて、怒りたい時には怒って、ゆーーーっくりと健康を取り戻してくださいね。お互いに、めざせ☆健康!

Juncoさん、このブログを読んで色々考えました。私には経験がないけれど、このブログを通して少しでも学べたらと思いました。子供は弱い立場なのにどうして守るべき大人が守ってあげないのか??世の中の虐待事件をみていつもむかついてます。私が母になったら、子供が安心できるようにたっぷり愛情をかけてあげたい。子供時代は二度とないんですから!!Juncoさんこんな日は、何もしなくていいんですよ(*'-^)-☆また遊びに来ますね!!

なんとなくですが分かります言ってるいることが個人的な事になりますがいつかは分かるときがくるなんて都合がよすぎるんだよって思います親がやったことを理解したくもないししかもそれを大人の事情って感じですませる大人なんて大嫌いだ!!!!じゃあ残された子供は何って思います趣旨違ってしまいましたけど虐待は最低ですホントに子供のことを思わない親はどうでもいいですむしろ勘当して欲しいところです

ごめんなさい自分まで酷く感情的になってしまいました下のコメントで不快になった人がいたらごめんなさい

<りかたんさんへ>うわー!りかたんさんからコメント!!ありがとうございます(^-^*)>私が母になったら、子供が安心できるようにたっぷり愛情をかけてあげたい。子供時代は二度とないんですから!!良いですね。安心できる場所を作ってくれるお母さん。素敵です♪りかたんさんのブログでお母様の記事を読んだ時、実はコッソリ、「りかたんさんは、良いお母さんになりそうだー!」とか思ってました(^-^)v>Juncoさんこんな日は、何もしなくていいんですよ(*'-^)-☆優しい言葉ありがとうございます☆ラジャー(・∀・)!でございまする!

<KELLYさんへ>>いつかは分かるときがくるなんて都合がよすぎるんだよって思います>大人の事情って感じですませる大人なんて大嫌いだ!!!!本当に、子供だったKELLYさんに、そんな辛い思いをさせるのって、悲しいとしか言い様がないですね。どうして、子供の痛みを想像できないんでしょうか。。。>むしろ勘当して欲しいところです親の存在であまりに心の回復が困難な時は、絶縁するのも1つの手段だと聞きました。そう思えるようになって、私の場合はちょっと楽になりました(^-^)v別にKELLYさんが心配するようなコメントではないですよ。感情的になっても問題ないです。安心してください♪

>何故虐待をした大人を周りがかばうのか、現実と直面する勇気が無い>からでしょうか?謎です。本当に、不可解なことですねえ。。。そんな中でこうやってがんばっておられるjuncoさんは、とても素晴らしいですね。ブログを通して、どれだけ多くの方の勇気に貢献しておられるか、本当にすごいことです。これからも皆さんの心の叫びをどんどん引き出して、一人で悩んでおられる多くの方も勇気を持って生きられるようになったらいいですね。32条の件、了解です。署名運動などもあるのですね。このことでみんなが1つになれたらいいですね。

いつも読ませていただいています。今日の日記は自分の身を重ねて読んでいた部分がありました、、、というのも、この「水に流す」という表現、オレはかつて使っていました。幼児虐待ではないのですが、あることで精神的に傷を負っている人に対して。多分その言葉を言っていた時のオレはその事実から目を背けたかったんだと思います。いろいろその人の話を聞くのですが、素人のオレにはどうしたらよくなるとか、どう接すればいいのか等、わからないことだらけでした。今となってはただ話を聞くだけでよかったんだ、と思っています。オレ自身、現在病んで休職中の身ですが、病んでいるからといって他の病んでいる人の気持ちが理解できているわけじゃないんですね、、、「『がんばれ』って言われたくない」なんて言いながら、自分も他の人に対して配慮のない言葉を言っていたな、と反省です。当たり前のことながら、日記で気づかされました。

なんていうんだろう。きっと、虐待で心を痛めてしまった人は「水に流そうとした」ことをもうとっくに経験しているんじゃないかと思う。最初はきっと自分が悪いんじゃないかと思ったりすると思うし、もし相手のせいだと気づいても、なるべく考えないようにとか、許すように自分でしむける人もいると思う。それでもダメで、体は正直に拒否反応を起こす。そういうことを経てココに至っているのに、水に流せなかったからこういう結果になっているのに、他人にまた水に流せって言われるのは、相当きついと思う。想像で言ってるのかもしれないんですけど、病気になるほどの傷でなくても、傷ついて一生懸命自分で癒す課程ではそういうことを経験すると思う。誰もが。という勝手な私の解釈でした。そういう「うんざり」する、言葉の刃みたいなモノに殻を作ってやられないようにするにはどうしたら良いんでしょうね?juncoさん、たくさん泣いてゆっくりいきましょーね☆

私もjuncoちゃんとかなり似たケースなので激しく共感。私の場合も何度か許そうとこころみたけれど絶対に許せないので「許せない」とはっきりいったことがあります。しかり、言われた親はたじろいたのかいろいろものをくれたり頑張りますがやっぱり水に流せないし、気分に応じて対処を替える「白と黒」の話じゃないけどね。私も許せない。親を好きな人もいるけれど、嫌いな人(私の場合は)もいて当たり前と最近は思うようにしている。仕方ない話。虐待を受けた心のせいで ぽっかり空いている穴。きっと受けたことがある人はきっとあるはず。メガネが埋めてくれるといいね。

ごめん。メガネさんと書こうとして「メガネ」と書いた!!ごめんよ。

<院長さんへ>沢山のお褒めの言葉、ありがとうございますm(_ _)mそこまで褒められると、……走り出したくなるのですけど、恥ずかしさで(笑)ブログを通じて、誰かの役に立てればと思っているのに、励まして頂いてばかりで、おかげで毎日すくすく健康になってます☆>このことでみんなが1つになれたらいいですね。有志が集まったプロジェクトもありますよ。そちらも以前に紹介したサイトさんが主になって活動してます。ではでは^^

<ムーチョさんへ>ムーチョさん、こんにちは♪>オレ自身、現在病んで休職中の身ですが、病んでいるからといって>他の病んでいる人の気持ちが理解できているわけじゃないんですね、、、そうですね。理解するのって難しいですよね。人の気持ちを完全に理解するのは、その人にならないと無理な事なので、出来るだけ理解したい、そう思う気持ちが大切なんだと思います。>「『がんばれ』って言われたくない」なんて言いながら、>自分も他の人に対して配慮のない言葉を言っていたな、と反省です。私も多々あります。そういう反省は、ええ、てんこ盛りです…。人の痛点って、様々ですし、難しいですね(-_-;)ムムム;

<わささんへ>>虐待で心を痛めてしまった人は「水に流そうとした」ことをもうとっくに経験しているんじゃないかと思う。>最初はきっと自分が悪いんじゃないかと思ったりすると思うし、もし相手のせいだと気づいても、なるべく考えないようにとか、許すように自分でしむける人もいると思う。はうっ!∑( ̄□ ̄)まさにそうなんですよ!子供にとって親は…何と言うか、絶対的な存在ですから、ついそういう思考回路になりがちなんですよね。>病気になるほどの傷でなくても、傷ついて一生懸命自分で癒す課程ではそういうことを経験すると思う。誰もが。なるほどー!!そうかも。わささん論、わかりやすい…。>言葉の刃みたいなモノに殻を作ってやられないようにするにはどうしたら良いんでしょうね?これは、心にガードを作るしかないらしく、私には丈夫なのが無いそうです(涙)イメージはコンロを囲う、キッチンガードらしですよ(笑)

<さやさんへ>>絶対に許せないので「許せない」とはっきりいったことがあります。さ・さやさん、すごい!!!∑(°□°;)う~っ!うち、怖くてまだ面と向かって言えないです。。。>親を好きな人もいるけれど、嫌いな人(私の場合は)もいて当たり前と最近は思うようにしている。こうやって、仕方が無いと割り切れるのは、凄く葛藤した結果、得たものなんでしょうね。「世間が何と言おうが私の考えは変わらない」と、どーんと構えられるようになりたいです。イマイチ、どーーーーーんと出来てないので(^-^;)>メガネが埋めてくれるといいね。さやさん、ごめんなさい。かなり受けました(笑)問題ナッシングですよ。。。ぶはっ!(笑)メガネde穴埋めプロジェクト、ゴンゴン進行中です!!!

juncoさん、この記事を書かれるのにすごく心のエネルギーを使われたのではないでしょうか。寄せられたたくさんのコメントにレスを付けるにも相当なエネルギーが必要ですよね。それでもひとつひとつのコメントに誠実に答えていらっしゃるjuncoさんに頭が下がります。(もう面倒くさかったら私へのレスは結構です☆)ACという言葉が紹介されだした頃から何となく自分もACなのではないかな・・・と思っていました。でもいつもどこかで否定していました。自分のため?親のため?どちらかはわからないのですが。今はパニック障害で療養生活中ということもあり時間はたくさんあるので、ACについてもっと勉強した方がいいのか、それともパニック障害の寛解のことだけ考えていればいいのか、時々悩みます。ただ自分も5歳の娘の母として、ACの連鎖だけは避けたいと思っています。juncoさん、あまりご無理されないで下さいね。ではでは。

<blossomさんへ>優しい気遣い、ありがとうございます(^-^*)無理をしないようにしてるので、問題ありませんよ♪>ACという言葉が紹介されだした頃から何となく自分もACなのではないかな・・・と思っていました。色んなACについてのサイトがありますが、正直「これ!」というのは、まだ見つけたことがありません。反対に「これは体調を崩す!!」っていうのは発見したんですが(笑)日本の医療界では「患者が自分をACだと自覚する」ことがACの前提だそうです。ACの条件もバラバラですし、ACが何の単語なのか知らない医療関係者も多いとか。おススメの本は「毒になる親」(スーザン・フォワード著)です。タイトルはコワイですが(笑)、とてもわかりやすい上に、偏りがない良い本です。以前にも書いたかもしれないですが、この本の影響でかなり考えが変わり、助けられました。>ACについてもっと勉強した方がいいのか、それともパニック障害の寛解のことだけ考えていればいいのか、これは、悩みますよね。やはり専門の先生に相談しながらがベストです。連鎖についても相談すると、気が楽になると思いますよ。

心のこもったお返事ありがとうございました。恐縮です。『毒になる親』さっそく読んでみようと思います。juncoさんの記事でいろいろ考えさせられることがあったのでまたTBさせて頂きました。ついでと言っては何ですが、juncoさんのデンジェラス・マミーさんはうちの祖母とそっくりです。 >私と彼女の境界線はない=2人は同じ人間祖母も母のことをそう思っています。だから・母の上司=自分の上司・母の友人=自分の友人・母の夫=自分の夫最後の「母の夫=自分の夫」っていうのはかなりデンジェラスでしょ?でも母は最近まで祖母のデンジェラスさに気付かなかったのが悲劇でした。その悲劇のたまものが私の誕生であります。(母はやっと本当のパートナーを見つけたようです。)祖母と父は今でも複雑にラブラブです。ま、勝手にやってくれってかんじですが。

<blossomさんへ>トラバありがとうございました☆>juncoさんのデンジェラス・マミーさんはうちの祖母とそっくりです。えっ!!そ・それは…何と言うか…キビシイですね(=_=;)>最後の「母の夫=自分の夫」っていうのはかなりデンジェラスでしょ?>でも母は最近まで祖母のデンジェラスさに気付かなかったのが悲劇でした。……そんな状態なんですか。。。うーん。あまりのデンジャラス・マミーとの被りっぷりに、驚くばかりです。>ま、勝手にやってくれってかんじですが。出来る限り距離を置くのが1番ですね、ホントに。名付けて“勝手にデンジャラス作戦”。(笑)

虐待は誰が何と言おうと、した側が100%悪く許す必要があるかどうかは、受けた側が決める事。許したくなければ、許す必要は無いんじゃないかな。私も両親が死んでも許す気は無いし。

<MS07B3さんへ>>許す必要があるかどうかは、受けた側が決める事。そうなんですよね。本当に。悲しいかな、「許し難いことをされた」と気付いても、根っこに罪悪感の種を植え付けられてるので、周りの言葉にもすぐに振り回されてしまいます。>私も両親が死んでも許す気は無いし。私も両親が年をとっていく前に、ちゃんと向き合えるようになりたいです。

私は今もうつ病で闘病中で一人暮らしですが『医師の「労務不可」の診断で働けない状態が数ヶ月続き、貯金も使い果たし、傷病手当金と借金で生活している何とか援助してやれないか』って共通の知人が間に入りましたが「金無いし、無理だし、する気も無い」って言われました。だから、今後、私は親が死にそうな目にあっても、病気をしても「あっそ」「ふーん」「で?」で済ますつもりです。既に喪主は絶対しない事は断言済み。後は、どっちが先にくたばるか勝負か・・・馬鹿らし。虐待しておいて虐待の自覚がないから救いようもないし話し合う余地など有りません。このまま、一生冷戦で終わる予定。ホント、くだらない親子関係で苦笑するしかないです。熨斗付けて進呈しますので、誰かうちの親要りませんか?

<MS07B3さんへ>>虐待しておいて虐待の自覚がないから救いようもないし>話し合う余地など有りません。>このまま、一生冷戦で終わる予定。そうですか。もうそこまで決めはるんですね。凄いです。>ホント、くだらない親子関係で苦笑するしかないです。…私も母のことを考えると、「う~ん」と苦笑いするしかないですね。なので理想の母親像を考えて、「こんな母親になりたい!」と勝手に妄想して気分転換します。難しいんですよね。。。子供が箱いっぱいに虫入れてきたらどうしようとか。ええ、妄想特急です(^-^;)

遅れましたが、トラックバックさせていただきましたこちらにもきていただきありがとうございました妄想ですかぁ~あたしも妄想してみようかな~

<まぁこさんへ>妄想楽しいですよ(笑)おススメです。是非是非!

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.34

Copyright (c) since 2004 junco. All Rights Reserved