« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月27日

微熱が…。

相変わらずコメントのお返事できなくてごめんなさい!!
(ノД`)シクシク

久しぶりに微熱が出ております。

微妙な熱のため、

「あつい~~~(;´д`)」
「さむい~~~(|| ゚Д゚)」
「だるい~~~(´・ω・`)」

を繰返しつつ、布団の中でコルネになったり、部屋の片隅で座敷わらしになったりを繰返しております。


本当に微熱って、

面倒クサ━━━━━(`Д´)━━━━━ッ!!!


微熱…。

微熱といえば…。

やっぱりこの人達の眩しい笑顔が、頭から


これでもか!ってくらい、


こびりついて離れないわけです!ヽ(;´Д`)ノ


他のインテリア雑誌をいくら見ても消えない映像。


なんていうインパクト!!!!


それは!


そうそう、コレコレ★


甘い眩暈

微熱DANJI


……離れないです。
あははははは(←壊?)


★今日の幸せになるヒント?★ “微熱の時は大人しく(何かを)諦めましょう…。”

2006年04月25日

幸せなコルネ

ご無沙汰してます~!(;´Д`)
コメントのお返事、遅くなりまくってしまってごめんなさい!!!!


引っ越して1ヶ月…、久しぶりに寝込んでおります。
コルネです。
最近流行の「エロカッコイイ」を真似てみると、完全に「エロ座敷わらしい」です。
※エロでもないし、形容詞にもなってませんが。


そんなこんなですが、とってもとっても気分は(・∀・)イイ!!です★


たまに…いえしょっちゅう、メールなどで、
「どうして病気で辛いはずなのに幸せとか思えるんですか?」
と聞かれることがあります。

以前書いたことと少し被るかもしれませんが…。

症状が辛くないわけではないんです。
だって、息苦しいし、体動かないし、目眩するから起き上がれないし、気持ち悪いし。

キツイよぉ~(´Д⊂グスン
もう病人やめたいよぉ~

とか思います。当然。


でも、例えば今日、体が辛くて寝てる時、時間はまるで何の色味もないただの砂が落ちていくだけの砂時計のように過ぎていくんですが、砂じゃない何かが目に留まる瞬間がいくつもあるんです。


ああ。この前友達と会えて楽しかったな~とか、
面白かったな~とか、
心配してくれて嬉しかったな~とか、
サプライズの贈り物をくれた友達に、
すごく驚いたこととか、
早くありがとうって伝えたいな~とか、
子供が産まれた友達に、
色紙をプレゼントしたいな~とか、
添え書きは何て書こうかな~とか、

本当に色々、ボンヤリした頭で思うんです。


そして、しみじみ思うんです。


私は親には恵まれなかったけど、彼や友達や出会った人には本当に恵まれてるなぁって。

たくさん、嬉しいことをしてもらえたり、嬉しい気持ちをもらえたり。

それに気付く時、砂時計の砂の中の、小さなキラキラした宝石発見!みたいな感じになるんです。


もう、辛い症状なんてぶっ飛びます!!!!


心の中は、

「やっぱうちは幸せもんや~!!!」

でいっぱいになります。

だから早く治りたいな~ってスヤスヤ眠ります。


早く治った分、沢山の嬉しい気持ちをくれた大事な人達に、今度は私が嬉しい気持ちをあげられるようになれるかもしれないから。


それが、症状は辛くても、布団の中で唸ってても、気持ちはムホムホな理由です。


ぬっ?! Σ(゚Д゚)

ちょっと調子に乗り過ぎて書き過ぎたようです…。
きーもーちーわーるー…(;´Д`)

てことで寝ます。ぅぅ

…今日なんだか書きっ放しデスネ。(゚Д゚;)
文章になってるかどうか心配…。


…たまにはいっか♪(・∀・)


また調子が戻るまで、待ってて下さいね~(≧∇≦)


★今日の幸せになるヒント★
 “過呼吸用の紙袋は可愛いといいかも~♪”

2006年04月19日

座敷わらしのお引越し★ご挨拶編

「田舎に引っ越すとつまらない」

みたいなことを聞いたことがあるけれど、どこがやねん!と言うか…どっちかというと面白いことだらけですやん!と言うか…。


まあ、メガネさんの生まれ育った家ですし…。

面白エッセンス配合ハウスなのも頷けました。


とにかくもう、引っ越した翌日から笑えてしょうがないことの連続で。

まずは母屋に住んでいるメガネさんのおじいさんとおばあさんに、メガネさんと共にご挨拶へ行った時のこと。

「…ということで、何卒よろしくお願いいたします。」

ペコリ。


そして弾む会話。


…。


おじいさん…。

おばあさん…。


2人とも笑顔も声も、とってもお優しいんですね。


でも…訛りのせいで…。


話、理解できません!(;´Д`)

ごめんなさ~い!(ノД`)シクシク


わかるところだけフンフン頷きながら、頑張って聞いてみたり。


でもってショックな所だけちゃんと聞き取れちゃったり。


これからは車が無いとなかなか生活に困るとのことだったので、家の近くを通るバスについて聞いてみると。


「バスもアレだで~…」

「…」(おじいさんの話を顔を見つめながら聞くおばあさん)

「車で行けば駅まで10分くらいでええけれども~…」

「…」(変わらず黙って聞くおばあさん)

「バスだと50分かかるで!かっかっか!(笑)」

「はっはっは!(笑)」


お2人とも大爆笑!


「そうなの?あっはっは!(笑)」


Σ(゚Д゚)


孫も大爆笑。ぉぃ


笑いごとじゃないよ~!!
これからどうやって用事済ませればいいのさ~!!ヽ(;´Д`)ノ


おじいさんとおばあさんのアドバイスとしては、バスは使えないから、メガネさんの車を借りなさいなってことでした。

ちなみに軽トラックもたまに借りてよいですか?
って話になった時…。


「軽トラは~…」

「この人(junco)はマニュアルも乗れるから大丈夫だよ。」


おじいさんとおばあさん、一斉に私に向かって、


疑い驚きの眼差し。


おじいさんもおばあさんも、それは和やかな雰囲気で迎えてくれて嬉しかったです★


引っ越す前に、おじいさんとおばあさんには、メガネさんから私の病気や生活状況を話してくれたそうです。

病気についても特段心配もされなかったそうで、反対に、

「引越して来て、気を使わないように暮らすように」

と、随分気にかけてくださったとか。


なんか…。


自分の家族より優しい。(;つД`)


おばあさんは他に、こんなことをおっしゃってたそうな。


「病気になるなんて、まあ、気の優しい子なんだね~。

 そんなことは気にせんでいい。

 最近の女の人は、コワイ人も多いっていうから!」


「コワイ人って?」


「テレビで最近ようやっとるよ。

 鬼嫁とか!」


大人気面白ブログの影響がこんなところに。Σ(゚Д゚)

確かに怖いけれども!(笑)


そんなこんなで気の優しい(?)座敷わらしは、この地方の訛りのリスニングを秘かに頑張ろうと決意したものの、自分の訛りのせいでおじいさんとおばあさんに話が通じない!!なんていう衝撃の日を迎えるのでした…。


★今日の幸せになるヒント?★ “呼び鈴は連打が基本のお2人です♪”

2006年04月18日

ちょびっと

桜が散り始め花の代わりに瑞々しい葉が次々と現れ、庭ではチューリップが咲き誇り、畑の黄色い菜の花も白い大根の花もすっかり盛りを過ぎ、そんな畑をメガネさんのおじいさんがトラクターでどんどん耕している音で昼寝からすぐ目が覚める今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?


私は近頃…


不調です。


だって寒いんだもの。(-Д-)
(ただの寒がり)


今日は1ヶ月ぶりに見た事件のニュースが、どうしてもどうしても腹が立ってしょうがないので、ちょびっと書かせていただきます。

※フラッシュバックの恐れがありますので、ご注意ください。

7年前、山口県光市で起きた母子殺害事件。


被告は当時18歳。


若い母親を暴行した後殺害。

泣き叫ぶ生後11ヶ月の赤ちゃんを床に叩き付け殺害。


事件を初めて知った時、その犯罪のおぞましさに激しい嫌悪感を覚えました。


「山口県光市」と聞くと、この7年間すぐにこの事件のことを思い出しました。


世間には沢山の許せない犯罪がありますが、この事件は本当に、腸が煮えくり返るほどの怒りを感じます。


自分の勝手な欲望のままに子供の目の前で女性を襲い、殺し、「子供が泣いてうるさかったから」という理由だけで、その子供の命まで奪う。


そして自分の犯罪に何の罪悪感も感じていない、被告の出した友人への手紙の文面。


本当に許せないんです。


もう日付が変わったので、先月行われるはずだった最高裁弁論は今日行われるはずです。


弁護人は死刑制度反対で有名な弁護士2人。


ほとんどの弁護士が嫌がるケースの弁護を最終的に受け持つ事が多いそうです。

それだけこの事件が、残忍で凶悪だということです。


…日本には終身刑がないですから、無期懲役ならこの被告は、しばらくしたら外に出て来れます。

晴れて自由の身になるんですよね。

そしてまた、自分の欲望のままに生きれるんですよね。

被害者と被害者の遺族の人達の命や笑顔を奪っておいて。


思うことは沢山あるけれど、終身刑を作って欲しい。
後の犯罪を防ぐ為の矯正施設、更生施設を作って欲しい。


でも日本にはそんなのないから。

この事件は本当に許せないから。

無期懲役になんてしないで欲しい。


…死刑になっても、この被告は絶対許せないですけど。


あ~。本当にダークですいません。


★今日の幸せになるヒント?★ “庭の景色がペットの島とそっくり!”

2006年04月15日

座敷わらしのお引越し★当日編

メガネさんが朝、お仕事から帰ってきたと同時に起き、早速続きの荷造り開始。


当日に荷造りって、サスガ、夏休みの宿題は最後の日にしかやらないカッポーらしい!!!

2人でメガネさん一家が到着するまで、今までにないほどのマッハの動きで荷物を詰めていきました。

「junco!もう分けなくていいからどんどん荷物つめて!!」

「はいぃ~!!!」

「junco!今度こっちも!」

「はいぃ~!!!!」

「junco!適当で良いから、この棚の荷物全部詰めちゃって!!」

「はひぃぃぃ~!!!!」


そんなこんなしてたらあっと言う間にメガネさん一家ご到着。

メガネパパさんとメガネママさん、そしてメガネさんの妹さん。

「外凄い風だよ?」

ちょうどその日はニュースで「風が本当に凄い春の嵐でしたね」とか言われることになるほどの強風でした。

「じゃあ荷物どれからやろうか?」


サクサク指示をするメガネさんとメガネパパさん、そして、重い荷物をひょいひょい担いでいくメガネママさんと妹さん。


私も頑張らねば!(゚Д゚;)


てことで荷物を「ふぅんっっ!!!」と持ち上げ、玄関のドアを通ろうとした時…、


「うぎゃあっ!!!」


強風で戻ってきたドアに挟まれました…。なにやってんだ


すぐに私が全く役に立たない事を見抜いたメガネさんは

「juncoは運ぶのはいいから、まだ荷造り続けてくれる?」

とそっと言ってくれました。


役立たずでスイマセン!!!! つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


私が荷物をせっせと梱包していると、メガネさん一家で冷蔵庫を早速運ぼうとしています。

男手2人、女手2人、大丈夫なの?
しかも外、すごい風なのに!アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

と心配していたのも束の間。


「運べたよー!!!」

と笑顔でサックリ部屋に戻ってくる一家。


何なんだ?(゚Д゚;)

普段は放任主義みたいな雰囲気なのに…。

どこかの強豪チームかってくらいのチームワーク!!!!!


メガネ家スクラム?
しかもめちゃハイレベル。


呆気に取られながらも、黙々と荷物をまとめ続けていると、

「じゃあ引越し第一弾行ってくるから、ちょっとは休みながら荷造りしてねー♪」

と、これまたサクサクメガネさん一家で行ってしまいました。


そうなんです!


私がアタフタ荷物をまとめてる間に、メガネパパさんもメガネママさんも妹さんもメガネさんも、ガンガン荷物を運び出しトラックに積んじゃってたんです!!!!


…健康な人はみんなそうなのか?Σ(・ε・;)


引越し第一弾が終わりメガネさん一家が戻ってくる頃には梱包はほとんど出来て、私は掃除機をかけまくっていました。


メガネママさんが、

「junちゃん、ちょっとは休んだ?たこ焼きでも食べて★」

と差し出してくれ、もうガツガツ頂きました!ありがたや☆


そうしている間にもメガネパパさんの指揮の元、メガネさんとメガネママさんと妹さんは荷物をどんどんトラックへ。

ところが。


あまりに荷物を運ぶのが早いため、司令塔のメガネパパさんが大変だったそうです。(笑)


そしてもう荷物も残り少なくなってきた所で、驚愕の事実発見!!!!!


天袋から、大量の半紙が!!!!!!( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!


みんなお休みなのに頑張ってくれてはる!
うちも頑張らねば!!!!(`・ω・´)シャキーン

と、押入れによじ登って半紙が入っている包みを引っ張り出そうとするも、ビクともしないじゃないですか!


「ふんっ!!!」と気合を入れてもダメ。
「ふあっ!!!」と気合を再び入れてもやっぱりダメ。


そんなこんなでジタバタしている所に、メガネさんと妹さんが。

「何?ここにも紙あったの?!!俺かなり運んだよ?(゚Д゚;)」

「忘れてて…(;´Д`)しかもめちゃ重い…。どうしよう?」


メガネさんとの会話を聞いていたのかいないのか、妹さんが少し背伸びして包みを握ると、


「よいしょっと。」

という一言と共に半紙の包みを続々と取り出していってくれてます。


あんまりびっくりして、思わず一瞬( ゚Д゚)ポカーン状態だったものの、すぐに正気に戻り、

「重いでしょ?大丈夫?!!!」

と聞くと、笑顔であっさり答えてくれました。


「大丈夫だよ~♪私結構力持ちみたい★」


…危うく恋に落ちそうになりました。ぉぃ


掃除機を引き続き振り回しながら、

何?やっぱり身長があるから荷物が運べちゃうのか?
でも待て!メガネママさんは背は低めじゃないか!!!
じゃああの動きの早さや逞しさは健康がキーなのか?なのか??????

なんてうにゃうにゃ考えながら、押入れの中に昔取り付けた突っ張り棒を外していると、携帯に着信が。


  着信中 実家


キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!

なんでこんな時に限って!!!!
ちゅうか引越し日時教えたよね?!!

イライラしながら出ると、母親からでした。
しかも内容は意味不明。

更に電話に出たのが押入れの中だったので、部屋を通り過ぎた妹さんに、私がドラえもんごっこか忍者ごっこをしているように見えたかも…。最悪だ~。(;つД`)


変な所でHPを減らしたけれど、何とか翌日の退去までには綺麗に部屋を引き渡せそうな状態になりました★


そうして陽がとっぷり沈んだ頃、メガネさんちにみんなで帰っていったのでした。


メガネさんちに向かう車中。

「今日からメガネさんちで眠るんやなぁ…。」

「そうだよ?どうしたの?」

「緊張して眠れへんかったらどうしよう~!!!」

「う~ん。

 じゃあ一生眠れないね♪」

「ええっ!!!Σ(゚Д゚)
 違うやん違うやん!!!!
 そこはさ、こう優しくさ、
 『そうだね~。でも慣れたら大丈夫だよ。』とか言うとこなんちゃうの?なあ!!」

「え?(・ω・ )モニュ?
 だって、今夜新しい家で眠れなかったら、もう一生無理なんじゃないの?」

「違うがな!!!!ちゃうちゃう!!!びっくりするわ!
 今夜は眠れへんかもしれへんけど、明日は眠れるとかあるやろ?」

「今日無理なら無理でしょ~!あははははははは。」

「いや。あはははははーじゃなくてさ!!」


そんなアホな会話を繰返しつつ、メガネさんちの敷地内にある離れに到着。


メガネママさんの勧めで、すぐに部屋を案内してもらうことに。

…ええ。そうなんです。

引っ越してくるまで、正確な間取り知りませんでした!!!!!!(笑)


今まで住んでいた、隙間風がホルムアルデヒドを逃がし、虫を呼んでくるアパートとは全く違い、もうとんでもないほどの生活贅沢度のレベルアップ。


だってお風呂にシャワーがついてるし!

トイレ洋式だし!

水道使っても地鳴りしないし!!

洗濯機、ベランダじゃなくて屋内におけるし!!!!

最高で~す!!!!!! 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ


メガネさんのご両親に御礼を言っても言い足りないくらいで、もっと「今日はありがとうございました!」と言いたかったんですが、既にお2人とも眠そうな目に…。


「そういえば、離れの風呂って使ってないんだよね?大丈夫?入りたいんだけど。
 あれどうやって使うの?」

メガネさんがそう言うと、メガネパパさんが眠そうな声で言いました。

「大丈夫。使えるよ…。教えたるから…。」

「あ。ホントに?」

「説明書読んだるから、持って来ればいいよ…。」

「説明書は俺でも読めるから!(笑)」


メガネパパさん…面白すぎです。(笑)


メガネさんのご両親とメガネさんと一緒に御礼のお寿司を食べた後、メガネさんと2人で少しまた荷物を運び、疲れ果てて帰ってきました。


今日からここが私の「家」…。

実感が湧かないけど、離れの家全体の匂いが、メガネさんの匂いなのはなぜ?Σ(゚Д゚)


新しい家で今まで使っていた布団を敷いて中に入ると、心配していたのが嘘のようにすぐに眠りについたのでした。


★今日の幸せになるヒント?★ “風が吹いても揺れない家って素晴らしい!”

2006年04月11日

座敷わらしのお引越し★前夜編

「え?引越し?ホンマに?」

メガネさんから引越しすることを聞いたのが、昨年末の事。
思わず聞き返してしまったほど驚いたのを覚えています。


メガネさんのお仕事の都合で引越しが必要だったそうです。


「引っ越すって…どこに引っ越すの?」


「え?

 実家。


ええと…。

誰の?(゚Д゚;) ←パニック


そうなんです。

引越し先は、ナナナナナナナント!!!!!


メガネ邸?
※~の敷地内にある離れ


マジデスカ…?(;・∀・)


私が1人度肝を抜かれて驚いてる間に、メガネさんはチャッチャと自分の両親に話をつけ、いつの間にやら引越しはメガネ一家総出で行われることに…。


そして年末、メガネさんの実家に遊びに行った時のこと。

「引越しで大変そうな荷物は何だ?」

というメガネパパさんの質問に、

「多分、冷蔵庫と洗濯機かな~。」

と答えるメガネさん。


何しろ私達が住んでいたのはボロアパートの2階で、狭い外階段しかないんですよ。
冷蔵庫も洗濯機も、買った時は業者さんも大変そうだったので、正直な所その2つだけは引越し業者さんに頼んだ方が良いんじゃないか?とか思っていました。
だって危ないですよね~。


するとメガネパパさんの目がキラーンと光ったのです!!!!!

「冷蔵庫は…アレを使って…転がせば…」

「アレって何?」

メガネさんとメガネママさんが同時に聞きました。

「台車。…の上に冷蔵庫を乗せて階段を滑らせれば―――」

「危ないから━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)━━━!!!!」

メガネパパさん、家族から一斉にツッコまれてました…。
しかもハモってましたよ!
恐るべし!メガネ一家のD・N・A!!!(笑)




そして引越し前夜…。
メガネさんはいつもどおり夜にお仕事。


2人して、

「もしかしたら引越しできないかもね…( ;´・ω・`)人(´・ω・`; )」

と本気で思ってました。


何しろまだスチールラックの解体もできていない上に、パイプベッドも解体できない状態。
しかも梱包を今か今かと待ち構えている荷物達がわんさかと!!!!


仕事へ行ってしまうメガネさんを見送ろうと、やや死んだ魚のような目になっている私に、

「出来ればでいいから、PCのとことか片付けておいてくれる。できる?」

と、心配と焦りが混じった顔で聞かれました。

「で…できるだけ頑張る…(;つД`) 」


PCとテレビ周りの配線は私担当なので、ネットで現実逃避するのを諦め、ビデオデッキやモデムやらなんやかんやを大事にプチプチに包み、PC本体を買った時のダンボールに詰め直し、孤独な作業は夜中の力尽きるまで続けられたのでした…。

たまに座敷わらしが慣れ親しんだ、初めてまともに「家」だと思えた場所から去る感慨にふけながら。


「あ~…。この砂壁…そういやよく削れ落ちたな。あはははは…。はう~…(ノД`)シクシク」


果たしてこんなHPがほぼゼロに近い状態で、無事引っ越せるのだろうか?


…ま、なんとかなるか…(・∀・)♪
ぉぃぉぃ


引越し当日、あまりに足を引っ張ってダンボールに詰められませんように…!
と願いつつ、布団の底に沈んでいくように、眠りに落ちていったのでありました…。


★今日の幸せになるヒント★ “案ずるより産むが易し!と思ったら気が楽♪”

2006年04月10日

たたたたただいま~!!!

無事に引越しも終わり、昨夜遅くにやっとネットが繋がりました!


ただいまー!!!!!


引っ越して丸3週間、色んな事がありました。

笑いあり、驚きあり、そして笑いあり、笑いあり…。

あり過ぎてもうどれから書いたらいいのかいっぱいいっぱいでございます!!!


私は座敷わらしの割には元気です(・∀・)!!!!
早寝遅起き、食欲旺盛、快食快●(←一応乙女の恥じらい)です☆


てことで、また改めて更新します!
とりあえず、ネットに帰ってきましたよ!のご報告でした♪

Copyright (c) since 2004 junco. All Rights Reserved