« 2008年05月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月30日

不安。ふたつめ。

昨日は困った毒親から、どうやったら子どもを守れるかの不安を解消するために、臨床心理士の先生と話したことを書きました。


今日は、子育ての不安について。

私のように虐待を経験した母親が、健康に子育てできるのか?

しかも、たまに気分落ち込んだり、パニック起こしたりするし…。


子どもに悪影響を与える具材がバリエーション豊富な
言うなれば幕の内弁当的な親やないか!と。


よく

「自分が親にされて嫌だったことを子どもにしなければいいんだから大丈夫!」

と励まされますが(…と言うか、そんな風に私も誰かに言って励ました気がするような…)

じゃあ嫌だったことの反対のことをするって具体的にどんなこと?って思いません?


「こうした方がいい」というのはわかるけれど、
「こうしない方がいい」ってハッキリしないというか。


なんじゃ、このモヤモヤ感は!(゚Д゚ )ゴルァ!!

みたいなことを、つわりの間、考えてたわけです。


でも、今ではスッキリサッパリ★

まずは、つわりが落ち着いてすぐ、図書館でもう1冊本を借りました。

皆さんも聞いたことはある本かもしれないです。

子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)
ドロシー・ロー ノルト レイチャル ハリス
PHP研究所
売り上げランキング: 2177


このシリーズのさらっと版(?)『子どもが育つ魔法の言葉 for the Heart PHP文庫 (PHP文庫)』は既に持っていて、
このブログの随分初期に――かれこれ4年前?もう?(゚Д゚;)――ご紹介したこともあるんですよ。


この本が非常に参考になったのは、親のどんな態度が子どもにどんな影響を与えるか。
これがわかりやすく書いてあることです。


ですが、正直あんまり内容が濃過ぎて(本当に参考になるテクニックなり考え方満載!)、

「私、こんないい親になんてなれない!!!! 。・゚・(ノД`)・゚・。」

「私、こんな親に恵まれたかった!!!! 。・゚・(ノД`)・゚・。」

という気持ちになってしまうのは、前もって覚悟しておいた方がいいかもしれません(笑)。


それだけ良かったんですよ!!!


でも!まーまー!奥さん!(誰?)
そんなたくさんの良い部分は何回か読んで沁み込ませればいい話です!!!(`∀´)

ざっくばらんバンザイ!!!!(笑)


で、本の中で、今からこれさえ覚えとけば何とかなりそう!というのを見つけました。


アイ・メッセージ(私を主語にする)という会話方法です。


私はメガネさんに昔から

「どうしたの?」
「どう思うの?」
「どうしたいの?」
「どうしようか?」

こんな風に何かにつけ、当たり前のように聞いてもらえました。


これはつまり、

「(あなたは)どんな気持ちなの?」
「(あなたは)どうしたらいいと思うの?」

と、常に私の気持ちがまずありきの会話なんです。


本にはこの方法の会話例がたくさん載っていて、とてもわかりやすいんです。


それでやっと私は、親にそんな呼びかけをされたことがないって、本を読んで気づいたんですね。


皆さん、親に怒られる時とか、どんな風に話しかけられましたか?

ナイスな反面教師として、私の親の会話をご紹介しましょう(笑)。


例えば怒られた時。

「どうして怒らせるの?」

例えば困らせた時。

「どうしてそんな困った子なの?」

例えば泣いた時。

「どうして泣いてごまかすの?」

例えば何かを止めさせたい時。

「やめなさい!そんなことしない!」


全く、まーったく、子どもの気持ちがそこにありません!!

この会話には、一番重要なのは親の気持ちであって子どもじゃないと、言葉の端々に出まくりです。


できれば、

「(怒られることをした時)どんな気持ちだったの?」
「(困らせることをした時あなたの気持はそれで)どうなると思ったの?」
「どうしたの?どうして泣いてるの?」
「(そんなことはやめて)~~しなさい」

また、

「(あなたがそんな事をして)私は悲しい。」

みたいな言い方や考え方の方が、お互いの気持ちを大事にできるのかもしれないです。


そんなアイ・メッセージについて学んでから、前々回の記事にもリンクしますが、
もしかしたらずっと親からそんなネガティヴなメッセージを受けてきてしまったせいで、
自分の気持ちに気付きにくかったり、優先することができなかったりができなかったのかも、
と思うようになりました。


じゃあ、まず、子どもが生まれる前に、自分の気持ちに意識を向けて、
アイ・メッセージで話せるように練習しようと思いました。

そしたら、自分のことを、心も体ももっと大事にできて、
ちゃんと子どもの心も体も大事に守って育て上げられるんじゃないかなって。


もちろん会話の練習台はメガネさん!

そうやって少しずつ慣らせば、子どもに対してもアイ・メッセージで話せるかもですよねー!


ひいては、気分が落ち込んでうつ子になったり、フラッシュバックでパニックになったり、
もしも、嫌だけど、もしも!うっかり子どもを傷つけることがあったとしても、
子どもに傷を残すことはないんじゃないかなと思ったんです。

でも…できればもっとわかりやすいトレーニング方法があればいいのに。(´-ω-`)


臨床心理士の先生に、そんな考えたことを話すと、

「それはとてもいいわね~!」

とのことでした。わー!いいのかー!(・∀・)


無事に生まれたらバンバンザイ。

でも子育てはちょっと、自信がなくてコワイ。

コワイなら、怖さをひとつずつ消化して、自信につなげるしかないですもんね。

逃げられないし。

親だし。


そんなこんなで、不安ながらもスッキリしました!

じゃあ今日のヒントは、そのまんま風とアイ・メッセージ風に書いてみようっと。


★今日の幸せになるヒント?★
“メガネさんの昼寝長い…起きろ━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━ !!!!!”

“1人だとつまらないので、メガネさんが昼寝から起きてくれると嬉しい!”

2008年08月29日

不安。ひとつめ。

ふー!
昨夜はこちら、ものすごい雨でした!
みなさんは大丈夫ですか?

5秒おきに雷が鳴って、テレビでどんどん近隣の避難準備勧告(?)が出て、いつかの東海豪雨を思い出し(当時は賃貸不動産の電話受付でクレームの嵐に見舞われた…)、我が家も何か被害や勧告が出るんじゃないかとヒヤヒヤ。

メガネさんに慰められて、なんとか眠れました。
しかも爆睡(笑)。


さてさて!
昨日、4か月ぶりにかかりつけの心療内科に行ってきました!


病院に行けない間、うすらぼんやりと自分の中でできてきた考えを、どうやって話そうかと思いながら電車に揺られてフラフラしながらいざ。

つわりで苦しんでいる間、一番不安だったのは赤ちゃんが無事に生まれるかどうかでしたが、
赤ちゃんと自分に対しての「無事生まれる!大丈夫!」感が強くなると
今度は別の2つの事が不安になってきました。


ひとつは、やはりと言うか、実家の事。

もうひとつは、これもやはりというか、子育ての事。


それらについて、臨床心理士の先生と話してきました。


あんまり長くなるので今日は、そのひとつめだけ書こうかと。


ひとつめの実家への不安。
実家から、毒にしかならない家族から、いかに我が子を守るべきか。

守る気はマンマンなのだけれど、具体的なイメージは湧いてこず。

妊娠期間は、母親のホルモンを通じて赤ちゃんに気持ちが伝わるので、
とにかく実家への対応をメガネさんに任せることで、守ろうと思いました。

今も任せ切りです。
あー、安心!ありがたや!!


無事に生まれたら。

まずは、私とメガネさんが、実家の人達の目の前とそうじゃない場所で、
態度を180度変えるようなことはしないことで、子どもを混乱させないと決めました。

人前でと普段と態度が違うと、一体親の本当が見えなくて安心できないですもんね。


そのためには、どうしたらいいかな~と考えると。


本音のところでは絶縁したいわけです。

でも、以前の経験から、絶縁したいと言うと、両親はより距離を置かなくなってくるんですよね。

自分達の娘がそんなことを言い出すなんて有り得ないから、
きっとメガネさんに吹き込まれたに違いないとか、
一時的な気の迷いだとか、
説得すればなんとかなるとか思っちゃう人達なんです。


言葉では私のトラウマなどに関して自分達に非があったと言うのですが、
実際の態度を見ると、前提が常に、自分達には責任が無い、となってるので、
そのへんの矛盾に気づかないなんてーと驚くばかりですよね(笑)。


とにかく、人同士のコミュニケーションの鉄則は、

相手の感情などを言葉や態度から想像して、
譲り合うところは譲り、
主張し合うところは主張し合い、
お互いの適度な距離感、落とし所みないなものを見つけ出し、
自分の言葉や態度を選ぶ

だと思うのです。


が、毒親はそれができない!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻


主張のみ!
距離感詰めていくのみ!!


ですから、つっぱねると余計にそれが強くなるのを防ぐために、
その時々で対応を変えるしか今のところは思いつかないなーと。


そしてもっと、子どもに多大な影響を及ぼす、実家の人達からの虐待の可能性についての心配。

そもそも、実家の人達に、人の心や体を傷つけることをやめてと言っても
全く理解できていないので、変化を求めるのは無理な話。


だとしたら、私達が気をつける以外にできることは、子ども自ら、
自分を守る方法を身につけられるようにしてあげるべきじゃないかと。


つわりが終わってすぐに、その方法を学ぶ為、本を借りました。


虐待防止プログラムCAPについて触れられている本です。


しつけと体罰―子どもの内なる力を育てる道すじ
森田 ゆり
童話館出版
売り上げランキング: 29819


この本は、ふたつめの子育てに関する不安もまた解消できる本でした。


例えば、たとえ相手が親であったり、親しい大人でも、『こわい』と思ったら、
「やめて!」と大声で言ったり、逃げたりすることはとても良いことだと教えてあげよう。

とか、具体的なことが書いてありました。

なるほどですね~。


そんな感じでひとつめの実家に対する不安を、あれやこれやと考えて過ごしたと先生に話しました。

私の不安の解消の方向性はどうですか?と。

心身ともに健康に育てるために、実家から守るために、
今これくらいしか思いつかないですけど大丈夫ですかね?と。


先生がおっしゃるには、

「実家に対して、そういう方法でいくしかないんじゃないかしら。」と。


ちょっと自信がつきました。


ふたつめの、子育てに関しての先生との話はまた後ほど。


★今日の幸せになるヒント★ “逃げるのも守る手段のひとつかー”

2008年08月23日

自殺願望と発見

最近ネットで森山直太朗さんの新曲が自殺願望をナントカカントカで賛否両論あるそうですが、そんなこととは露知らず、CMでサビの部分

“生きてることが 辛いなら
 嫌になるまで 生きるがいい”

これが流れる度に、

「嫌になるまで頑張ったから辛いんやん~」

とツッこんでいたjuncoです。(ノ´∀`*)


昨日、また悪夢で泣きながら起きました。

妊娠してから悪夢が多いんですよ。(´-ω-`)


メガネさんは慣れたもので、

「メガネさんがいるから大丈夫だよー」

と言いながら、背中をトントンとしてくれるのですが、寝ぼけながらも内心

『そうは言っても俺が嫌なことする夢だったらどーしよーかなー』

と思ってたそうです(笑)。


今回の夢は、母親に何度も殺されかける夢。
わー!ダーク★(笑)


夢の中で母親に向って叫んだんです。


「せっかく生きようと思うようになったのに!
 この子ができて生きるって決めたのに!
 なんでそんなに邪魔するの!」


これを読んで、「む?」と気づかれた方もいるかもしれませんね。


見えますか?

夢を見るまで、私が気付かなかった願望が。


気づけたおかげで、暗闇から抜け出せるヒントを見つけました。


※ものすごい長文でスイマセン。(;´Д`)

そうです。

「せっかく生きようと思うようになったのに!
 この子ができて生きるって決めたのに!」


生きようと思うようになったのに。

生きるって決めたのに。


ここ何年も、私には自殺願望はないと、または生きたい気持ちの方が強いと、
また、辛くてもそういった不健康な気持ちはコントロールできるようになっていると、
すっかり思っていて、底の底ではまだ、生きる意思を持ってなかったのです。


自分が気付かないほど、自殺願望というのは、心の奥底に棲みついてしまう、
それほどに厄介なものなのか。

愕然としました。

どれだけ、根深いんだと。


が。


待てよ?と思いました。


すっごいことに気付きそうな気がするぞと。


この子ができて生きるって決めた


私は夢の中で母親に怒っていたのです。

実際に今年の春に母親から、上の赤ちゃんを流産したことについて、
とてもとても失礼なことを言われて、すっごく怒ったんですね。


初めて、「そんな事を言うのは許せない」という意思をはっきり伝えたんです。


ちょっと時系列で、自分のことを『怒り』と『命・体・心』の視点から振り返ってみます。


メガネさんと付き合いだしてすぐ。

母親に対して怒りを伝えられませんでした。

と、同時に、自分の体を全く大事にしていませんでした。

いついなくなってもいいんだと、どれだけ傷ついてもいいんだと。


しばらくしてメガネさんを大事に思うようになった時期。

自殺未遂を起こして悲しんだメガネさんに、本当に悪い事をしたと反省していました。

それから体を大事にするようになり、また、怒りも少しずつ伝えられるようになりました。


メガネさんと友達の大事さに気づいた時期。

以前よりも自殺に対して、自分自身に「ダメ!」とキッパリ思うようになりました。

体も、しっかり食べることや、無理をしないことで大事にするようになりました。

より怒りを伝えることができるようになりました。


そして子供ができた今。

自分の心と体をとても大事にすることができるようになりました。

と言うよりも、最優先!守るべきもの!

子供を侮辱した自分の母親に対して、かつてないほどハッキリ怒りや意思を伝えられるように。


つまり、

『自分は大事な存在だ』という気持ち、

自尊心であったり、守るべきものがあったりとか色々あるかもですが、そういう気持ちと、

『死んでもいいや』みたいな感じの、自殺願望や、

『相手に対して怒ってもいい』という気持ちは、すごく繋がっているんじゃないかと。


だったら、根深い自殺願望に対抗できるたり、怒りを押し殺してしまう気持ちを何とかできるのって、
自分なりにだったり、友達とかパートナーとかに助けてもらったりしつつ、
『大事な存在』『守るべき価値がある』っていう栄養を心に送り続けることじゃないかなと。


特に虐待を経験した人だったら、

「親は自分を大事にしなかったけど、守ってくれなかったけど、
 それは親がアホやったからやー!
 おかげで自分を大切にすることを学べへんかったけど、
 私は他の人にとってはかけがえのない私なんだー!ボケー!」

と、自分を責める方向じゃなく、親の責任として見れるようにするのが大事じゃないかなと。


そしたら、あの暗い誘惑に、打ち克てるんじゃないかなと…。


私なりに閃いた!って感じの大発見だったんで…、昔の私に教えてあげたい。(つД`)


なんだか、上手く書けない。orz
意味不明だったらスイマセン!ヽ(;´Д`)ノ

長文で失礼しました。 (。・x・)ゝ

★今日の幸せになるヒント?★ “発見したら自画自賛!(・∀・)”

2008年08月20日

話のわかる男

先週の定期検診で、超音波の画像を眺めていたら、うっかり性別がわかったjuncoです。

めちゃくちゃチラリと一瞬ですが、しかし確実に、ちょこんとついておりました!


ふ~。

ますます、無事に生まれさえすれば、私がアレコレ下手に心配しなくても、ちっちゃいメガネさんみたいに健康になるわ~という根拠のない自信が増してきました(笑)。


性別がわかったその夜、なんだかお腹がゴロゴロするなと思っていたのですが、翌日にははっきりお腹を「ポコン!」と蹴られ、初胎動を迎えることができました!


先週は特に、まだキックの力が弱いのか、「ポコン」というより「ポロロン」という感じのキックでしたが、今週に入ってから、「ポコン!ポコン!ポッコン!」と力強いキック!!


しかもこのキックに、確実に意思を感じるようになってきました。


★メガネさんがボケた時

なぜかひとつ、ポコン!とキックが来ます。

「パパ、面白い!」なのか、「なんでやねん!」なのかは、未だ判断付かず。


★高速道路にて

先日、ちょっとだけ高速道路に乗ったところ。

道路によく、ガタンってなるラインみたいなのありますよね?

あれがずっと続く道路だったんですが・・・。


ガタン。

ポコン!

ガタン。

ポコン!

ガタガタン。

ポコポコポコン!


絶対に喜んでる!!!( ゚Д゚)ヒョエー


あんまりポコポコするのでシートベルトが若干苦しい…。

しかたなくお腹に向って、

「あのね、このガタゴトはね、遊びでパパがやってくれてるんじゃなくて道路のね…」


ポコポコポコポコ!


聞いちゃいない!!!!(;´Д`)

運転席でメガネさん大爆笑。ああ。


★お友達

先日、お友達が赤ちゃんを出産し、可愛い生まれたての女の子の写真が載ってたんです♪

その写真を見た途端、ポコン!

なにやら嬉しそうなのは伝わりました(笑)。


★キーボード

どうも、パソコンでメールを打ってる時と、こんな風に記事を書いてる時だけ、

ポコポコポコポコポコン!

と軽めの連続キックがよく来るな~と思っていたら…。


キーボードの音に反応してるのに気がつきました!!!!

カシャカシャ遊んでもらってると思って楽しんでるのね。


★レシピを見ている時

友達が簡単レシピブログを書いているので、それを覗きに行った時のこと。


『茄子とトマトのピリ辛中華風煮込み』を見た途端、


ポッコン!


( ゚Д゚)ポカーン


確実に食いしん坊だ…!


メガネさんにおそるおそる、

「将来お米を1升炊きとかするようになるんかな…?」

と聞くと、

「なるでしょ!」

とキッパリ!


キャー!男の子ってそうなの???

ちなみに『タンドリーチキン』もなかなかの強めのキックでした(笑)。


★話しかけた時

話しかけた時とか、キックを褒めた時とか、私一人の時、嬉しそうなキックを返してくれるのですが、メガネさんが話しかけると、キックの前にゴロンゴロン動いて、キックをなかなかしないんですよ。


何て言うんでしょうか…、


くすぐったそうに喜んでるのか、

パパの様子をうかがってるのか、

照れているのか、

焦らしてるのか(笑)。


でもゴロゴロ体を動かしてる間、なんとなく嬉しそうなんですよね…。


で、メガネさんが粘って話しかけ続けると(←たまに途中で諦めてすねてしまう!)、
ポコン!と大きいキックをするんです。


何やら、自分の話しかけとは違う反応を見せるっていうのも、
ああ、もうちゃんと一人の人間なのね。って思わせてくれますよね。

そういうのを忘れない母親を目指すぞ!


それにしても、意外と聞こえてたり、見えてたり、話がわかったりしてるのにはビックリ!

侮れず。

★今日の幸せになるヒント★ “手のひらサイズでも1人前!”

2008年08月15日

あなたと未来予想図

さてさて!

突然ですが、皆さんはタクシーにどれくらい乗られますか?

割としょっちゅう?
もったいないからたまに?
終電を逃した時だけ?


私が住む場所は車がないととてつもなく不便なところ。

つわりで運転できないとなると、「MOTTAINAI」とか言わずにタクシーに乗るしかない!ってな感じです。


つわりが始まってしばらく…、あれはまだ5月のことだったでしょうか?


いつもなら病院はメガネさんに送迎してもらうのですが、メガネさんのお仕事の都合で帰りはタクシーに乗ることになりました。


「juncoさん。
 帰りはタクシーで領収書もらってきてね。
 確定申告で使うからね。」

「は~い。」 ←フラフラ

てことで、帰り、事件は起きました。


ええ、久々に笑ってください。

病院で脱水症状やらつわりやら栄養状態やらを楽にしてもらう、
クサ━━━━━(`Д´)━━━━━ッ!!! な点滴を打ってもらった後、
タクシー会社に電話して、病院に1台よこしてもらいました。


※都会の人は驚くかもしれませんが、道でタクシーを拾わず電話で呼び出すのが基本!


やってきたタクシーの運転手さん。
見た感じは60代くらいでしょうか?

乗ってすぐに、伝えました。

「今つわりがひどいので、乗っている時に吐いてしまうかもしれません。
 一応ビニール袋は用意してますが、ご迷惑かけるかもしれないのでよろしくお願いします。」


意外に常識派?(`∀´)


運転手さんは快く

「わかりました。気にしないで下さい。」

と言ってくださり、走り出しました。


「いや~、私、実は前の奥さんとの間に娘が3人産まれましてね~、娘が孫を産んだんですけどね、
 娘もつわりがひどかったんですよ~!」


運転手さんの身の上話が始まりました。


その人が言うには、娘が3人なので、今の奥さんとの間には息子が欲しいなと思ってたら、
息子が生れたのだけれど、ちょうど今高校生になって、これが全然全く何を考えてるのか
運転手さんにはわからなくって、それが思春期ってもんですかね~って話。


ぶっちゃけ気分が悪いので、適当にふんふん相槌を打ちつつ、早く家に帰りたいと思ってたんです。


そして我が家の前へ到着!!


フラフラしながらタクシーから降りて、運転手さんには

「元気な赤ちゃんを産んでくださいね!」

と声をかけてもらい、吐くのを我慢しながら玄関まで歩いたわけです。


そして、気づきました。


領収書!!!Σ(・ε・;)


くるりと慌てて振り向くと、ちょうどタクシーが我が家の前の農道を発進し始めたばかり!!


つわりを必死で堪えてダッシュ!

農道の真ん中で「おーい!」と言いながら手を振りまくったんです!!!


運転手さんはバックミラーで私の姿に気づいたのか、速度を落としました。


止まってくれるのかな?と思ったら…!


ハザードが、チカ・チカ・チカと、小気味よく点滅。

そしてタクシーは軽やかに走り去っていきました。


ん?


ん?


ん?


もしかして?


私の必死の「ちょっと待って」サインが、別れの挨拶と思われたのか????(;´Д`)


よく喋るタクシーの運転手さんにフレンドリーなハザードの挨拶をされたことで、何だかものすごく疲れ、

つわりの気持ちわるさで疲れ、

領収書を結局もらえなかったことに疲れ、

お仕事から帰ってきたメガネさんに事の次第を話すと。


「ドリカムの『未来予想図』にそんなのあったね!
 『ア・イ・シ・テ・ルのサイン』みたいなのが!!!! 。・゚・(ノ∀`)・゚・。」

大爆笑されました。orz


なんでー!知らないおじさんとそんなサインのやりとりをするはめに!!!


もちろんその後から何度か乗ったタクシーでは、領収書は忘れずもらっています(笑)。


★今日の幸せになるヒント?★ “待ってほしい時の手振りってなんか他ないのかな?”

2008年08月13日

皆様にご報告

皆様、大変大変ご無沙汰しております。
juncoです。


3ヶ月間、まったくブログを更新しなかったのに加え、5月末~6月初旬、サイト・ブログ共に一時期アクセスできなかった状態にしてしまい、ご心配をかけたと思います。

ごめんなさい。

メールのお返事もできないままの方、ごめんなさい。


実はこの3ヶ月間、パソコンに向かえる体調ではありませんでした。

そのため、うっかりサーバーを更新するのを忘れて、このアドレスが繋がらなくなってしまったり…。


やっと先週末から、家の外の空気を少しずつ味わえるまで元気になりました。

パソコンの文字も見ていられるようになりました。


ようやく、こうしてご報告することができます。


赤ちゃんができました。

今、いるんです。

お腹の中に。


なんと、今、妊娠5か月で、無事に安定期に入ることができました!

流産の確立もぐんと減って、火曜日からはもう胎動が始まったんです!


妊娠がわかっても、今回は最初、全く喜べませんでした。

喜ぶより何より、また失うのがこわくて、悪夢にうなされるようになりました。


去年見た、赤ちゃんの心臓が動かなくなっている超音波の映像です。


またしてもひどいつわりになり、飲めず食べられず、不安な毎日で、弱っていくばかりで…。


上の赤ちゃんが頑張って生きた期間を過ぎた時、ようやくお腹の赤ちゃんの妊娠を手放しで喜べました。


つわりがひどくても、元気で育ってくれれば。

そればかりでした。


赤ちゃんに出会えるのは、予定では来年の1月中旬です。


すっかり落ちてしまった筋肉を、徐々に取り戻して元気になりたいと思います。

そして、どうかどうかこの赤ちゃんが、無事に生まれますように。

この場で、「産まれました!」って報告できますように!


★今日の幸せになるヒント?★
 “ただいまブログ!”

Copyright (c) since 2004 junco. All Rights Reserved