« 信用のない息子? | メイン | 絶縁ラプソディー »

病気の一般的認知度

9月の中旬なのに外では元気にツクツクボウシが
「ツクツクボーシ!!!」と自己紹介してて、
暑いったらありゃしないjuncoです。


この前ふと思って書こうと思っていたのですが・・・。


テレビで雅子様のご病状の話題になってたんですね。


で、コメンテーターの方が、

「原因が何なのかわからないから心配」

「どういう状態なのか伝わらないから心配」

「もっとオープンにしてほしい」

「見た目が元気そうだから混乱する」

みたいなことを色々言うてはったのです。


それを見てて、う~ん?と思ってしまいました。


「原因がわからないから」って・・・。


私は以前、周りの人によく
「原因は何?」と聞かれることがありました。

聞かれても困ってしまうのが正直なところでした。


※一応注意書きしておきますと、天皇制とかそういうのと別の話なので、よろしくお願いします。

だって、私の場合だと本気で説明しようと思ったら、

「幼少期に親から虐待を受けて…」

から話を始めることになりますもん。


面倒クサ━━━━━(`Д´)━━━━━ッ!!!ですよね。

しかも話やたら長いし(笑)。


それ以上に、はっきり「親が原因」と示すことになるので、
悪いのは親ということを言わなくちゃいけません。

下手をすると相手に悪口とも受け止められかねない言葉です。


親しくない相手には言う必要もないと考えて、

私は適当に「疲れがたまって…」と答えを濁すことが多かったです。


で、雅子様のご病気の原因をハッキリ報道してみたいなことをテレビで聞いて。


原因をハッキリ言ったら、絶対誰かが悪者扱いになるから言えないし、
言わない方がいいんじゃないかな~と思いました。

それって賢明な判断じゃないかなと。


それに「どういう状態なのか伝えるべきだ」っていう意見も、

私の場合、その日その日でできることや頑張れること、反対にできないことが変わるし、
「コレコレができるようになりました」なんて言っておいて、次の日できなかったら、
健康な人からしてみれば「なんでできなくなったの?」って疑問に思うと思うんです。

その説明もまた大変ですよね。きっと。


「見た感じ元気そうだから、余計に勘ぐってしまう」という意見も、心底びっくりしました。

多分、お見送りのVTRを見ての意見だと思うのですけど、
そりゃ人前に出るのに、パジャマ姿のすっぴんではいかないだろうと。


私は普段、すっぴんで髪の毛くっちゃくちゃのパジャマですが、
病院に行く時や、メガネさんの知り合いに会う時はバッチリメイクします!

普段放置してあるごんぶと眉毛も細くしますとも!(笑)
ミニスカートだってはいちゃうさ!!!!(`∀´)


でも、見た目元気そうって、結局そういうことなんじゃないかなと思ったり…。


どうしてテレビなり雑誌なりで、雅子様のご病状に疑いだったり批判が出るのだろうと
本当に思うんです。


雑誌を見てないのでテレビでちらりと出てた話題もちょっと考えると、
夜遅くまでお友達とレストランにいたとか、

そんなん元気に遊べたりなんて、逆にバンバンザイやないか!と思ったりします。


その元気があればご公務だってできるんじゃないか、
やりたくないだけなんじゃないか、みたいな意見もありましたが、

雅子様のご病気に当てはまるかどうかはわかりませんが、

私の場合、やれる事ややりたい事をする、させてもらう、
できない事、やりたくてもやれない事、疲れる事は避けさせてもらうって、
生き抜くことに直結してる感じがします。


例えばメガネさんのお仕事の手伝いの中でも、

電話で問合せを受ける事や、サイトを作る事はしますが、
難しい資料を読む事や、苦手なお客様に会ったり話す事はしたことがありません。


問合せを受ける事はクレームみたいに、私の気持ちがしんどくならないから。
サイトを作る事は、ひとりでもくもくとやれるから。

反対に少しでも「疲れそう」「嫌だ」っていう気持ちが生まれそうな仕事を
メガネさんは把握してさせようとしないから、手伝いが成り立っているんだと思います。


しんどい事をやらない甘えではありません。


だって本音を言うと、サイト作りなんて頭溶けそうで本当にしんどくて、
もー無理!とよく思うけれど、
それでもなんとかやれるというレベルのお仕事です。


でもやりきった時、社会と繋がってると実感できたり、
得意なことでメガネさんの役に立てた誇りを持てるんです。

私でも働けた!って思うんです。


だから、苦手なことを避けることは甘えでは決してなく、
病気を乗りこなすための必要なバランスなんだと思います。


雅子様のご病状に、疑問符が付く報道を見るにつけ、

ぶっちゃけ、というかそもそも!

頑張らなくちゃって思って散々気持が疲れ切った人が
メンタルの病気になるんだから、

やれ友達と元気に遊んだの、やれさぼったのって言われるよりも何よりも、

一番「仕事やりたい!くやしい!元気になりたい!」って思ってるのは本人じゃないの?

と思って、う~んう~んと唸ってしまいます。


多分…これって…メンタルヘルスの健康・病気に対する認知度の低さが表れてるんじゃ…?

ということで、ずっと書こう書こうと思っていたわけです。


「そんなこと言われなくてもわかってるぜー」って人も多いかもしれないし、

「言うても本当のところはわかんないよ?」って人も多いかもしれませんが、

実際にしんどくてお医者さんに診てもらってる人をなかなかテレビで見かけなかったり、
精力的に発言できる立場の人っていうのもあんまり見かけないので、
ネットの隅からでも、私の場合として書きたかったんです。


たまにはノロケブログじゃなく療養ブログっぽいことも書いとかなきゃ!
と思ったわけではありませんよ!!!!(゚Д゚;)

…3ミリくらいは思ったけど(笑)。

★今日の幸せになるヒント★ “ということで言葉の濁し上手を目指す!”

コメント

はじめまして、わたしも、ちょうど二年前にまさに、雅子様と同じ「適応障害」と診断されたので、彼女へ世間の目はずっと気がかりでした。周りの人に言うとたいそう、高貴な病気だねと言われたりしました。

わたしは???でした。


要するに、まさかずっと怠けたいだけじゃないの?という彼女への世間の勘ぐりは
自分にも向けられるんだなということ。
自分でも、病名言われても、今ある自分の感覚だけが全てなので、
はっきりいって未だによくわかりません。
それを、他人に十分に分かってもらうことは無理だと思います。

それは、全て言ってしまえば
そうでない元気な、相手の生き方そのものや、世の中全体とは異なった意見をとり、相手を不安にさせてしまうし、自分も疲労するだけだなってしまうことを分かっているからだと思います。
人は、頑張りたいのと怠けたいのを常に本能的に持ち合わせてる生き物で、
疲れたら本当に怠けたい時だってあります。嫌なことから逃げていたいと、でも世の中ではそれを否定しないと成り立たないという精神が世の中を動かし続けている
みんな信じている前提があります。(個人の感情とは別に)

でも、そのしくみ(歯車)にうまく入っていけない人がいるということ。

わたしも、はやく元気になってね。と言われます、ありがたいのですが、いちばんわかるようで分からないプレッシャーな言葉だったりします。
存在してるだけではだめなのねと悲観的になってしまったりします。
でも、だけどもいろんな私がいるし、
いろんな雅子様がいるそれでいい
って思います。
長く熱くなってしまいました。

うんうん。
雅子さまってある意味、今の日本人で心の病気抱えている方の
象徴みたいだなって私は思ってました。
で、雅子さまに対するマスコミの意見っていうのも
日本の人たちがいかに心の病気を理解していないか、
っていうのが現れているな~とも。
juncoさん、それをきっぱりはっきり書けて、素晴らしいです。
いろんな人たちに、この意見に耳を傾けて欲しいです。

<もえみこさんへ>
もえみこさん、初めまして!初コメントありがとうございます!!!

>周りの人に言うとたいそう、高貴な病気だねと言われたりしました。

これを読んだだけで、もう~~胸がキューッとなりました。
病気と闘ってる本人には、ものすごく残酷な攻撃ですよね…。

>でも、そのしくみ(歯車)にうまく入っていけない人がいるということ。

どうしても目まぐるしく動いていく社会の中では、療養中であったり、一般的な健康状態でない人は少数派の存在になってしまいますもんね。

でも、確実に少数派が存在しているんだということを社会で受け止める事が出来れば、
もっと色んな社会参加の形が増えるかもしれませんね。

>でも、だけどもいろんな私がいるし、

そうですね。
健康でもそうでなくても、怒ってる時も泣いてる時も笑ってる時も、全部もえみこさんですもんね。

「存在してくれているだけでいい。
 少しでも今の状況から楽になることを願っている。
 変わらずに傍にいる。」

誰か一人、そういう気持ちで接してくれると、とても生きやすくなる気がします。

<namaさんへ>
ほめてくださってありがとうございます!!!

>で、雅子さまに対するマスコミの意見っていうのも
>日本の人たちがいかに心の病気を理解していないか、
>っていうのが現れているな~とも。

本当にそうですよね…。

namaさんも、社会の理解の壁の高さで辛い思いをされてきているんですよね…。

とにかく、理解度も深まってほしいと思うのと、
あとは、一度社会から離れて療養しても、きちんと復帰できるような、色んな形の関わり方が増えればいいですよね。

そしたら住みやすくて生きやすい国になるのにな~。

原因がわからないから・・・・って、メンタルヘルスに限らず、難病と言われる病気でも、今だ原因がわからないものが多いのに・・・・

雅子さまが「適応障害」で治療を受けている事は、あれだけ報道されているんだから、みんなわかっている筈
病名を初めて聞いた人も多いから、報道されているし、今の世の中、ネットでいくらでも調べられるのに、他人に関心が無い人が多いって事なのかな・・・・

病気の事を知れば、気分の浮き沈みで、昨日出来た事が、今日は出来ない事もあるのだと、理解出来るはずなのに・・・・

病気に対する認知度が低い事も一因だけど、みんな自分の事で精一杯で、他人を思いやる余裕が無い、若しくは、そういう優しい気持ち(配慮)が欠けてる人が増えてきてるって事かもしれないなぁ~って思いました
表面に見える事象でしか、物事の判断が出来ない、今の日本人の心の貧しさの現われなのかな・・・・
私も、他人の事は言えないけど・・・・
何だか寂しいよね・・・・


ただ、TVでコメントしてる人が、こんな発言してるのは、本当は恥ずかしい事だと思います
自分の勉強不足を露呈してるのと同じだもの
自分の発言の影響力を考えたら、迂闊な事は言えない筈なのにね


<yukarinrinさんへ>

>病名を初めて聞いた人も多いから、報道されているし、今の世の中、ネットでいくらでも調べられるのに、他人に関心が無い人が多いって事なのかな・・・・

多分、関心が無い…と言うより、自分と関わりのない世界、
健康な人にとっては病気で悩む人の状態や気持ちが想像しにくいのかもしれないですね。

しかも、心の病気を真正面から受け止められる人は少数派ですから、余計にそういう感じなのかもですね…。

>表面に見える事象でしか、物事の判断が出来ない、今の日本人の心の貧しさの現われなのかな・・・・

思いやりもそうですけど、考えること、想像することを学ぶ、教えられる機会が、あんまりないのかもしれないですね。
yukarinrinさんの言うとおり、寂しいことです。

>自分の発言の影響力を考えたら、迂闊な事は言えない筈なのにね

本当に!!!!!
そういうことを考えると、テレビとか外からの情報を、丸っとそのまま自分で考えずに吸収することがいかに怖いか、考えさせられます。

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.34

Copyright (c) since 2004 junco. All Rights Reserved