« 誕生日仮決定!!! | メイン | カウンセリングについての結論 »

おじいさんの足音

年末です。

皆さん風邪などひいてませんか?
大忙しで体調崩してないですか?

今年は皆さんにとってどんな年でしたか?


この1年、色んなことがありました。


先週、メガネさんのおじいさんが亡くなりました。

83歳。事故でした。


私とおばあさんはお留守番をしていましたが、家族はみんなギリギリおじいさんの最期に間に合いました。


きっとあっという間の出来事で、痛みを感じる暇はなかったという話でした。


私にとって、いわゆる“おじいさん”というのは、父方のおじいさんだと・・・まずアル中で(笑)、母親が介護をしてたのですけど嫌がってる気持ちがチラチラ垣間見えて、何と言うか・・・全く好意も持てず、打ち解けられませんでした。

母方のおじいさんは、何度もこのブログで登場してますが、まあワケわからないし、よく怒るし、正直言って嫌いです(キッパリ)。


そして、メガネさんのおじいさんは、これもしつこいくらい書いてますが、私が引っ越してきたその日から、えらいこと可愛がってくれたんです。

なんでこんなに可愛がってくれるんだ?っていうくらい。

野菜そんなに食べられないけど、思わず全部もらってしまうくらい、その愛情に感謝してました。

それにとても元気で、いつでも母屋か畑にいるので、家だとか、木だとか、“変わらずそこにあり続けるもの・人・景色”だと思っていたんですね。

それってとても安心するんですよね。
ああ、孤独じゃないってこういうことか、と。


だからとてもおじいさんのことが大好きになって、ジュニアを元気に生んで喜ぶ顔を見たいなって思ってたんです。

おじいさんも「早く出ておいで~」って笑ってたし。


間に合いませんでした。
残念。


お葬式の前にお母さんが喪服を貸してくれて、
膨らんだお腹がギリギリ入った姿を鏡で見て、
てっきり喪服を着ることになるのは自分の
母親か母方の祖父のお葬式で、
おじいさんのお葬式で着るなんてまだまだ先のことだと思っていました。


1週間経っても、風でシャッターの揺れる音が聞こえる度、おじいさんかと思います。
家の前の道を歩いてる人影を見ると、おじいさんかと思います。


メガネさんが、

「最期に交わした会話が、いつもの会話すぎて、何だったのか覚えていない」

そう呟いていたのが印象的でした。


そうか、これが家族を失うってことだったのか。

当たり前の、心が寛ぐ景色の一部が、消えてしまって寂しくてたまらない。

自分の家族と話す時や関わる時は常に、

「これが今私に出来る精一杯の譲歩だから後悔はない」
「だからいついなくなってくれて構わない」

そんな緊張状態を抱いてきた私にとって、


今感じているこの寂しさは未知の感覚で、
きっとメガネさんやメガネ家のみんなは
もっともっと寂しさが大きいんだろうなと思います。


みんな、「ひょっこり帰ってきそうだね」と笑います。


あと2週間弱でジュニア帝王切開。

この子の細胞は、ほとんどがおじいさんの野菜でできています。

元気で生まれて来るんだよ。


★今日の幸せになるヒント★
 “『カブの葉も食べんといかんよ』”

コメント

どうか・・・

どうか
どうか

どうか・・・・・・

じゅんこさんとメガネさんの赤ちゃんが無事
キレイに何の障害もなく・・・

無事に
無事に・・・・・・・・・・

生まれて

来てくれますように・・・・・・・・・・・・・・

お祈り申しております・・・・・・・・・・・。

思いもかけない事でなんて申し上げていいか。心よりお悔やみ申し上げます。

juncoさんがメガネ家に来てからのおじいさんとのお話、とても好きでした。

juncoさんがかわいがられている事がよく分かり、読んでいる私もほんわかした気持ちになりました。

 御葬儀の後はどうしてもお疲れがあると思いますが、元気な赤ちゃんを産んで下さいね。それをおじいさんも願ってくれていますよね。

<にょんにょんさんへ>

ありがとうございます!

本当にもう、無事に生まれて来いーと毎日話しかけています。
それが一番ですもんね。

本人的には出たくてたまらない感じですが(笑)。

<ポッポさんへ>

ありがとうございます。
何だか本当に驚いて・・・。
喪服姿の自分を見て、「あれ?なんで母親じゃなくておじいさんのお葬式なんだ?」と思ったり。
まだ受け止めきれてなかったんでしょうね。

元気にジュニアが生まれて、おじいさんもみんなも安心してくれるのが一番嬉しいです。

 お久しぶりです。
我が家のパソコンが壊れているうちにjunco さんちではいろんなことがあったんですね。

 大切な家族を失う時の喪失感とか「もっとこうしてあげれば」という後悔の念とか、何度そんな場面を経験しても慣れないものです。

 ここ数年の間、私の周辺も親しい人が続けてなくなることがありました。亡くなった人を悔やむ気持ちより、そんな人達からもらった命をつなぐものとして毎日を楽しく生きたいと思うものです。そんな姿を天国からみて喜んでくれるんじゃないかと。

 juncoさん家のおじいさんは温かなお人柄だったのでしょうね。どうかお気を落とされないように。といっても、とても悲しいことですね。元気になられた時にご家族の皆さんで笑っておじいさんのお話をできたらいいですね。

 ジュニア君ももうすぐ誕生の時を迎えますね。無事に産まれて来ますように。ジュニア君がおじいさんの遺伝子を受け継いで生まれてくるって考えたらすごいことですよね。そうやって命が繋がっていくんだなあって。きっとおじいさんのいいところをどこか貰っているんですよ!

 ジュニア君とのご対面に備え、おいしいものを食べて体力をつけてくださいね。そわそわしながら私も良い報告をお待ちしております。


 

突然のことだったんですね
言葉が見つからないんですが、お悔やみ申し上げます

お葬式とかバタバタとして
気持ちはふわふわして
大事な人を亡くすって変な感覚ですよね

まだ、悲しいとかよくわからないって感じで


がっつり健康なJr.を産んでくださいね
安産、安産…南無南無南無(お祈り中・笑)

突然の事で、お悔やみ申し上げます

私も、昨年、実父を亡くしました
原因は病気だったんですけど、急逝でしたので、私は間に合いませんでした
だから、メガネさんの『最後の会話が普通すぎて覚えていない』っていうの、よくわかります
車で40分の処に住んでいるのに、2ヶ月会ってませんでしたから(泣)
仕事上、たくさんの他人の死に目には立ち会ってきましたが、いざ身内になると、間に合わないし、親不孝ばかりしてきたので、後悔ばかりが先にたちます
でも、お葬式って、何やかんやと忙しくて、悲しんでる暇が無いんですよね
だから、1年近く経った今頃になって、自分が親を亡くす年齢になったのだと、今更ながら実感していたりします
亡くなられて、まだ1ヶ月弱ですから、忙しくて、落ち着かれる暇も無いと思いますが、どうか身体には気をつけて
特に、 juncoさんは、ジュニア君の出産を控えている大事な身体ですから、ちゃんと寝て、食べて、体力つけてくださいね

どうか、無事に元気な赤ちゃんが生まれてきますように・・・・

<ケロタンさんへ>

ありがとうございます!!!

ああ~・・・そっか。
そういえばおじいさんと繋がってるんですよね~。
変な感じです。

おじいさんは愛されキャラで、色んな所に出没しては野菜をばらまいていたみたいなので(笑)、
ジュニアもそんな愛される人になってくれればなと。

<柚谷こさとさんへ>

ありがとうございます!!!
お祈りまで!!!!(笑)

そうなんですよ。
実感が何だか湧かなくて。

また今から法事なんですけど・・・、
写真の笑顔がほっぺツヤツヤで元気そのものなんですよね。

ジュニアをがっつり生みますよ!
緊張してきてはいますけど!!!(笑)

<yukarinrinさんへ>

ありがとうございます!
そうだったんですか・・・。
yukarinrinさんは、お父様を・・・。
ご愁傷様でした。お悔やみ申し上げます。

今回の事で気づいたんですが、ああすればよかった、とかの後悔って、
家族としての繋がり・・・というか、うーん、そこに愛情があるからというか、
上手く書けないんですけど、
感謝してる証拠なんですよね。

そしてそれは伝わってるんじゃないかなとか思ったり。

私の実の家族に対しては、本当に後悔しようがないですけど、
おじいさんに対してはもっとあーすればこーすればとか、思うことがもう沢山!

だからきっと、お父様に対してだったらさぞ、もっと沢山の気持ちが溢れて当然ですよね。

無事に明々後日、ジュニアを生んできます!

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.34

Copyright (c) since 2004 junco. All Rights Reserved