« 2014年01月 | メイン | 2014年03月 »

2014年02月28日

【脳のせい?】続・なぜあの人のようになれないの?

前回の内向型に関する話題の続きです。

先日久しぶりに家族と出かけました。行先はセントレア中部国際空港!

いったことのある方はご存知ですが、そこは飛行場を一望できるスカイラウンジの下が広く長い廊下みたいな感じになってまして、たまにイベントをやってたりするものの

基本的に人はいない!
走っても叫んでもそうそう迷惑かけない!
休めるベンチがたくさんある!

と、私のような人ごみも喧噪も苦手で子供が騒ぐと周りに気を使って熱を出す人間にはぴったりな場所なわけであります。


そういうわけで子供たちを遊ばせながらてくてく歩き、階上の賑やかな店舗コーナーへ後から行こうとなったわけですが・・・。

以前から薄々気づいていましたが、そんな静かな廊下も私には刺激が多すぎたのが改めてわかりました。

何が刺激って反響音(´;ω;`)ウゥゥ

階上に行く頃にはすっかりグロッキーになり、あわてて静かなカフェに移動し、冷たいおしぼりで顔を冷やして水を飲み、ようやく嫌な汗やぐらぐらする視界が落ち着きました。


子供たちからは「ママー大丈夫?」と頭を撫で繰り回され、
メガネさんには「一気に!嫁が!幽霊みたいな顔で・・・!ぶはは!」と爆笑され・・・。


そういえば前回紹介した本内向型を強みにする (フェニックスシリーズ)にもそんな話が載っていたなあとぼんやり思い出し・・・。

著者もパーティーなどで刺激が多くて圧倒されたときはトイレに駆け込み、顔を冷やしたりして緊急措置をすると紹介されていました。


世の中の大半の人が理解できないこんな反応、不便ですよね。

でもその代わりと言っちゃなんですが、内向型の人間はすごい武器を持ってます。

外向型の人が刺激を次から次へと必要にするのとは反対に、
少しの刺激で自分の中で昇華し増幅させる力です。

消費と生産、どちらが悪いというわけではなく、ただ違うというだけですが、内向型の人間は「なぜ自分にはできないのか」と罪悪感を抱きがちなので、自分自身が多すぎる刺激を受け付けられないことも許してあげたら生きやすそうですよね。


というわけで、本日も穏やかに、といっても私にとっては刺面白いことや感動の連続する日々ですが、過ごしていこうと思います(・∀・)

内向型を強みにする (フェニックスシリーズ)
マーティ・O・レイニー
パンローリング
売り上げランキング: 24,098

2014年02月20日

【脳のせい?】なぜあの人のようになれないの?

毎日子供二人のサラウンド攻撃に大わらわで即ガス欠になってるjuncoです。
ご無沙汰してます(。・ω・)ノ゙

すっかりいわゆる『症状』はでなくなったものの、すぐなくなる体力、枯渇しやすい気力、ちょっと調子に乗ると起きるめまいや混乱などなどの虚弱ぶり。。。

体力も思うようにつかず、虚弱体質と片づけるのは簡単だけど、原因はトラウマだけではないと、自分で探し続けていました。

世の中にはたくさんの元気で魅力あふれる人たちがいる。
なぜ自分はそうなれないのか。

もしや脳に問題があるかと(←疲れると全身蕁麻疹でお風呂が痛いとかどう考えても・・・と思って)情報収集していると、ある単語にひっかかりました。
そして書籍を購入。帯にはこう書かれていました。


世の中の75%は楽天的で活発な「外向型人間」だという。
残りの25%の「内向型人間」といえば、大勢の人といるのが苦手で、外に出ると疲れやすく、考え過ぎるタイプ。とかく肩身が狭く、なんとか自分を変えようと思いがちだ。

さらにこう続きます。

「外向型」と「内向型」がじつは生来の脳の回路の違いにあることをご存じだろうか。エネルギーの取り組み方、刺激に対する反応、情報や経験に対するアプローチが両者の最も大きな違いだといわれる。 「外向型」は人と話したり外の活動からエネルギーを得、少しでも多く刺激を得たいと飛び回り、広く浅く経験を積み重ねていく。 一方「内向型」はエネルギーをアイデアや感情など中の世界から得て静かに向き合うことで充電し、深く経験することを好む。


この本はアメリカやカナダで活躍している内向型人間の研究の第一人者によって書かれた本『内向型を強みにする
』で、この中のテストや多くの例によって私の日々起こるほとんどのトラブルの原因がわかりました

よりによって、世の中の仕組み的にもっとも生き辛く誤解をされやすい、右脳タイプの内向型の極みだったわけです・・・・ヽ(´Д`)ノ


ですが、おかげで対処の仕方もわかりましたし自信を持てました。


人間嫌いでもないし、社交下手なわけでもないし、病気でも異常でもなんでもない。
ただただ内向型だっただけなんて、もうわかっただけで超ラッキーです。


とにかく自分が心地よい状態を作り出せばパフォーマンスがかなり向上されると判明したので、愛読書にして地道に自分のペースをつかみます。

内向型を強みにする
内向型を強みにする
posted with amazlet at 14.02.20
パンローリング株式会社 (2013-06-16)
売り上げランキング: 1,716


あともう一つ。

この本を読んでわかった、とっても嬉しいこと。


内向型人間はどうやら幸せ上手っぽいです!!。。:+* ゜イイ!!Σd(・ω・`)゜ *+:。

Copyright (c) since 2004 junco. All Rights Reserved