プロフィール

junco

junco

愛知在住の座敷わらし。
どうやら本人も気付かないところで、福を呼び込んでいるらしい。
夫であるメガネさんの事務所のお手伝いと、家事をちょっぴり頑張っている。

コメント・TB・メール大歓迎♪

サイトもやってます。

あぁ愛読書

不幸にする親――人生を奪われる子ども

不幸にする親―人生を奪われる子ども

自分を傷つける又は傷つけた
親との関係性に答えが。
毒になる親』の続編。

毒になる親―一生苦しむ子供

毒になる親―一生苦しむ子供

家族や親への疑問が
一気に解けた唯一の本。
自分らしくいられます。

     
<<前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2009年08月28日

亡き母のためのパヴァーヌ(2)

前回の続きです。


私の母への嫌悪感は、
『許す・許さない』『恨む・恨まない』などなどを飛び越えました。


メガネさんが「お見舞いには行けるだけ行こう」と言って、連れて行ってくれました。

ジュニアが病室にいる間だけ、母は正気を戻していました。


その様子を見聞きした祖父からは、
ジュニアがきっと延命装置に見えたのでしょう。


私のところに3日と開けずに祖父から連絡が来るようになり、
怒ってみたり、情に訴えようとしたり、泣いてみたり、
「きっと今夜が峠やからこちらに来るように」と言われ続けました。


もちろん、往復5時間以上ものドライブを週に何度もできるほど、
私もジュニアも体力がないですし、メガネさんも仕事があるので、
無茶な要求はスルーして、自分たちの精一杯のことをしました。


守るべきはジュニアであり、私たちの生活。

ぶれたり、罪悪感を持ったりしなかったのは、ジュニアの存在のおかげでした。


そして、母は亡くなりました。
痛みはなかったそうです。


亡くなる直前から何度も母のところへ行くよう祖父や兄から言われましたが、
冷静な父親と話をつけて、
亡くなった日の夜も、我が家で過ごしました。


翌日からはお通夜と葬儀のために、
朝早くから出発して宿泊もしないといけませんから、
私はいつものジュニアのお世話プラス宿泊の準備を、
メガネさんは仕事のまとめをしました。


怒涛の毒ファミリーと過ごす時間が、とうとう始まりました。

亡き母のためのパヴァーヌ(1)

8月25日、13時に母が亡くなりました。


以下、1か月前、7月26日に走り書きした日記。

―――――

今日またお見舞いに行ってきた。


死への恐怖からか、苦痛から逃れるためか、
心だけ違う世界に行ってしまった母親は、
言葉を失い、記憶も失っていた。


誰も認識しない、何も認識しない母親の視界に、
抱き上げられたジュニアが入った途端、

それまで意味を持たなかった母親の動きが、
意味をもって動き出した。


起こしてほしいと表すための突き上げられた腕。


抱き起こし、座らせ、隣に座って膝の上にジュニアを乗せ、
母親に見えるようにする。


その間も、母親の眼差しは、瞬きすることなく
ジュニアに張り付いたまま。


ジュニアに向って、ゆっくりと震える腕が近づいて、
想像できないほどの強さでジュニアの腕を握る。


母親の震えが伝わって、ジュニアまでふるふる震えていた。


閉じることのない、声も発さない口から、
痰が絡んだゴロゴロヒューヒューという音とは別の、
かすれた音が聞こえた。



(ジュニアの名前を呼んだ)


どうやら母親の世界には、
もう誰もいないはずだったのに、
ジュニアだけが、
暗闇に輝く小さなろうそくの灯りのように、
彼女の心に存在し、
求めずにはいられないもののようだった。


ゆっくりと自分の方にジュニアを引き寄せようとする。

膝の上に座らせる。

表情は変わらないのに、何か気に入らないらしい。


看護師さんが「もしかして顔が見えるように抱っこしたいのかも」と。

肩に抱き上げるような形でジュニアを持たせかけ支えると、
腕がゆるゆると動いて、ジュニアを抱きしめる。


パパもママも視界から見えなくなったジュニアはすぐにぐずるので、
引き離そうとすると、
母親の腕は意志をもってジュニアから離れなかった。


「ちょっと疲れたみたいだから、休憩させてあげて?」

ようやく手から力が抜ける。

目はやはり、ジュニアに釘付けのまま。


するとジュニアから目がそれたかと思うと、よだれかけに視線が。


よだれかけにつけてある、
おもちゃが落ちないためのクリップを必死で外そうとする。

ジュニアを抱っこする時に邪魔だったのだ。


ジュニアの機嫌をメガネさんと二人でよくして、

「おばあちゃんがジュニアをいい子いい子ってしたいらしいから、
 また抱っこさせてあげてくれる?」

と話して、ようやく母親の腕の中でおとなしくしたジュニア。


でもやはりそうそう持つわけではなく、
私がジュニアを抱き上げると、
母親がまたかすれた音を出した。

をっ



もっと、か。

私は急に病室が“おしまいの部屋”に思えた。

母親の、彼女の人格の、おしまいの場所。

命のおしまいの場所。

私の、娘としての存在のおしまい場所。

親孝行できる最後の場所。


嫌いで苦手で、もう一生関わりたくなかった母親への、
嫌悪感が終わった場所。


すべてがおしまい。


私は帰ってきたよ。


ただいま。


―――――――――

2009年07月18日

毒母、経過報告。

3連休の初日、うだるような蒸し暑さ、皆さん体調はいかがですか?
汗が止まらないjuncoです。

今日初めてジュニアが寝返りました。


が。


その初めての瞬間を見逃すうっかりマミーですわ!(笑)


さてさて、ずっと私の母親のことを書いていなかったので、
心配してくださった方も多いと思います。


一言で言うと…、


生きてます。


かろうじて、というところでしょうか。

続きを読む "毒母、経過報告。" »

2009年07月10日

言いまつがい以前のまつがい

こちらではお久しぶりです!juncoです。

なかなか体力が続かず、
最近は午前中だけ寝込むパターンが増えてきていますが、
グッタリ横になっている私に構わずジュニアは
ガシガシとキックしながら「あー!」と。


「いい加減に起きて、そろそろ僕をかまってください。お母様。」

てな感じでしょうか?(笑)


さて、最近ジュニアの事に気持ちが集中しすぎて、聞き間違いが増えてきました。

が、やっぱりメガネさんを脱力させているのは聞き間違い、言い間違い以前の問題のようで。

まずはガンダムトークまつがい。

続きを読む "言いまつがい以前のまつがい" »

2009年06月11日

お知らせ

Lilypie 1st Birthday Ticker

1月8日に無事にジュニアが生まれました!
すくすくぷくぷく育っております。(゚∀゚ )

育児ブログも始めてみました。

テーマはいかに楽をするか!(`・ω・´)シャキーン

こちらは携帯から更新やコメントができるので、お気軽にのぞいてくださいませませ。

2009年05月24日

カウンセリングについての結論

皆様大変ご無沙汰しております!
無事に1月8日に母になったjuncoです!

私もジュニアも元気です!
プックリです!

さあさ、お昼寝からジュニアが起きるまであと30分。
間に合うか?私???


先日初めてジュニアをメガネさんに預けて、
学生時代の後輩達に誘われて飲み会(アルコール抜き)に参加したら、
貴重なリアル繋がりのブログを見てくれているメンツから

「先輩いい加減にブログ更新してください」

と言われてしまいました・・・。


や、本当に時が止まっててすいません。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

ザ・ワールドの使い手もビックリするほどの時の止まりよう・・・。


それはさておき、出産に合わせて通院をやめた私。

思えばかかりつけの病院は2000年からお世話になっていて、
私の人生のダークサイドからの立ち上がりと言うか、
すごい大事な変換点をほとんどを先生方に支えられたわけで、
お世話になったなあとしみじみ感謝してました。


出産後通院することはほぼ無理なこと。

全開して通院をやめるわけではないので、
卒業と言うか留学と言う方がフィットしそう。


留学直前(って何か変な言い方・・・)最後のカウンセリング、
臨床心理士の先生に質問されました。


「今までカウンセリングを受けてきて、
 juncoさんにとってここはどんな場所でしたか?

 またカウンセリングはどうでしたか?」


私なりの結論を伝えました。
久しぶりですが・・・長いですよ。(・∀・)

続きを読む "カウンセリングについての結論" »

2008年12月26日

おじいさんの足音

年末です。

皆さん風邪などひいてませんか?
大忙しで体調崩してないですか?

今年は皆さんにとってどんな年でしたか?


この1年、色んなことがありました。


先週、メガネさんのおじいさんが亡くなりました。

83歳。事故でした。


私とおばあさんはお留守番をしていましたが、家族はみんなギリギリおじいさんの最期に間に合いました。


きっとあっという間の出来事で、痛みを感じる暇はなかったという話でした。


私にとって、いわゆる“おじいさん”というのは、父方のおじいさんだと・・・まずアル中で(笑)、母親が介護をしてたのですけど嫌がってる気持ちがチラチラ垣間見えて、何と言うか・・・全く好意も持てず、打ち解けられませんでした。

母方のおじいさんは、何度もこのブログで登場してますが、まあワケわからないし、よく怒るし、正直言って嫌いです(キッパリ)。


そして、メガネさんのおじいさんは、これもしつこいくらい書いてますが、私が引っ越してきたその日から、えらいこと可愛がってくれたんです。

なんでこんなに可愛がってくれるんだ?っていうくらい。

野菜そんなに食べられないけど、思わず全部もらってしまうくらい、その愛情に感謝してました。

それにとても元気で、いつでも母屋か畑にいるので、家だとか、木だとか、“変わらずそこにあり続けるもの・人・景色”だと思っていたんですね。

それってとても安心するんですよね。
ああ、孤独じゃないってこういうことか、と。


だからとてもおじいさんのことが大好きになって、ジュニアを元気に生んで喜ぶ顔を見たいなって思ってたんです。

おじいさんも「早く出ておいで~」って笑ってたし。


間に合いませんでした。
残念。


お葬式の前にお母さんが喪服を貸してくれて、
膨らんだお腹がギリギリ入った姿を鏡で見て、
てっきり喪服を着ることになるのは自分の
母親か母方の祖父のお葬式で、
おじいさんのお葬式で着るなんてまだまだ先のことだと思っていました。


1週間経っても、風でシャッターの揺れる音が聞こえる度、おじいさんかと思います。
家の前の道を歩いてる人影を見ると、おじいさんかと思います。


メガネさんが、

「最期に交わした会話が、いつもの会話すぎて、何だったのか覚えていない」

そう呟いていたのが印象的でした。


そうか、これが家族を失うってことだったのか。

当たり前の、心が寛ぐ景色の一部が、消えてしまって寂しくてたまらない。

自分の家族と話す時や関わる時は常に、

「これが今私に出来る精一杯の譲歩だから後悔はない」
「だからいついなくなってくれて構わない」

そんな緊張状態を抱いてきた私にとって、


今感じているこの寂しさは未知の感覚で、
きっとメガネさんやメガネ家のみんなは
もっともっと寂しさが大きいんだろうなと思います。


みんな、「ひょっこり帰ってきそうだね」と笑います。


あと2週間弱でジュニア帝王切開。

この子の細胞は、ほとんどがおじいさんの野菜でできています。

元気で生まれて来るんだよ。


★今日の幸せになるヒント★
 “『カブの葉も食べんといかんよ』”

2008年12月09日

誕生日仮決定!!!

皆様すっかりご無沙汰しています。


日に日に膨らむお腹をかかえてソファにボンヤリ座っていたところ、メガネさんにボソリと、

「みつばちハッチ・・・?」

と言われたjuncoです。


確かにこんだけお腹がでかくってレギンス履いてたら似てるかも!!!

でもできればフェロモン溢れるハッチのママって言って欲しかった(笑)。


皆さんはお元気ですか?

いつの間にか師走になって、寒いわ忙しいわ町中がクリスマスモードだわ掃除しなきゃだわで、わーわーなってますでしょうか?


私は定期的なバッテリー上がりのボンヤリ期を無事越えたかな?と思っていたら、マタニティ特有らしいボンヤリとうっかりが合わさって、更に磨きのかかったボンヤリ具合。

わーわーなりようもなく・・・メガネさんに頼まれたお仕事が溜まってきております。ヽ(;´Д`)ノ


さて、ジュニアは相変わらず元気で、私からどんどん栄養と水分を奪い取り、体重を増やし続けています!

あ。私も増やし続けています。(ノ´∀`*)


ジュニアは相変わらず逆子なので、とうとう仮決定になりました。


そうです。


帝王切開。

続きを読む "誕生日仮決定!!!" »

2008年11月09日

浦島太郎かっ!

お久しぶりです。

コメントのお返事が全然返せないまま、時間が過ぎてごめんなさい~!

みなさん、お元気ですか?


私は何があったというわけではなく、またちょっと調子が悪くなってしまって、しばらくネット社会から引きこもっていました。


調子が悪いっていっても、ひどいことはありません!


ただちょっと、浦島太郎のように知らない間に時間があっと言う間に過ぎてたり、食事を作る気力とか色んな気力が出なくってお家の中がゴチャゴチャしてきたり・・・。


要するにあれです。


定期的にやってくる、ガス欠ならぬ、

バッテリー上がり。(´-ω-`)


こういう時は、ボーっとするのが一番だと思って、色々手を抜きまくってるんですが、なかなか1週間そこいらではバッテリー充電完了とはいかないようで。


もうちょっと時間がかかりそうです。


こういうのは波みたいなもので、去るのを待つしかないんですよね~。


母親のお見舞いに11月入ってすぐ行ったから、今頃先月からの疲れが出てるのかもしれないですね~。


無理するとお腹が硬くなって、ジュニアの居心地が悪くなる事間違いナシなので、ボンヤリします。


あ。ジュニアは相変わらず元気です!

ボッコンボッコン蹴りまくりです。

そして相変わらず逆子ボーイです。

私のおへそがおへそじゃなくなってきました。

というか、前から見るとただの『∴』って見えます(笑)。


あと70日弱で生まれるのか~。

ボンヤリしてる間に生まれたりして。


浦島タロjuncoの生存(?)報告でした。

2008年10月26日

ちぐはぐ

前回の記事を書いた日の夜、実家から連絡が入りました。

父親からです。

スキップしそうな弾んだ声。


「昨日な!母さん点滴取れたで!」


「は?」


私が目の当たりにしたのは、

食べる意欲も生きる意欲もすっかり失い、

点滴の栄養だけで命を細々と繋げる、

骨と皮になった母親。


なのに。


「お前が帰ってからな~!
 母さん『頑張って食べる!』言うてな!
 点滴取れたっっっっ!!!!」


どんだけ・・・、どんだけ・・・、

続きを読む "ちぐはぐ" »

<<前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

応援ありがとう

コメントありがとう

        

トラバありがとう



Copyright (c) since 2004 junco. All Rights Reserved