うつ。療養生活のためひきこもり。フラッシュバックで知る虐待の過去。結婚。出産。そして子育て。

faq

恋愛と心の病

「うつ病だから恋愛なんて無理ですよね?」
「メガネさんみたいな人じゃない彼だけどうまくいきますか?」
「相手のことが好きかどうかわからなくなってきた」

さまざまな色んな恋愛相談が送られてきました。
実は私・・・決して恋愛がうまいとかではなく、どちらかというと本能のままと言いますか・・・。
いつの間にやら幸せになった感が強いと言えば強いのですが。

一応相談を受けたからには、ということで答えてるんですね。
共通して書いているのはいつも、
「自分を大切にしてくれる人を、自分も同じかそれ以上に大切にしたいと思ったら、
  後は元気になることに専念すればいいと思います。」
ということです。

それ恋愛相談じゃないじゃん!というツッコミが聞こえてきそうですが。
うつ病などの症状が酷い時って、正直いい判断なんて難しいわけです。
ただ、相手が自分を大切にしてくれないばっかりに症状がひどくなってる場合が多いんですね。
なぜなら「自分なんか」っていう気持ちが強まっているから、自分の価値をすごく低くしてることが多いんです。
そうすると、症状ひどくなるループができちゃいますから、大切にしてくれない人なら距離を置くべきだと思います。

反対に大切にしてくれる人ならば、とりあえず元気を取り戻せるまで一緒にいては?と思います。

実は私・・・こういう経験がありまして。
【幸せになるヒントブログ】愛が消えた瞬間
【幸せになるヒントブログ】愛が消えた原因
【幸せになるヒントブログ】愛情コントローラー

急に愛情が冷えたりすることもあるわけです。
ですから、自分で大きな判断をするだとか、とりあえず、としておくのもいいかもしれません。

また、よく「メガネさんみたいな人がいいけど、どうやったら見つけられますか?」というメールもいただきますが(これが一番多い・・・!)、これに関しては2つあります。

1つは、条件で探そうと思っても難しいということ。
ブログからはメガネさんという人の印象は「優しい」「懐が深い」「理解がある」みたいな感じかもしれませんが、現実世界で会えば、恐らく皆さんは印象が変わると思います。
「ブックオフと本屋さんが最上のお出かけスポット」
「好きなヘアスタイルはツーブロックでジェルを使って固めた感じ!(でもjuncoに阻止されている・・・)」
「基本お調子者である」
と、一般のモテ男子からは程遠い人なんです!!!!
結局は人それぞれ、自分を大事にしてくれてると思える人が、自分もまた大事にしたいと思えて、しかも楽しいと思える、が一番の条件な気がします。

2つ目は、本能で探すのもまたいいかもしれないということです。

最近はよくテレビでも知られていますが、詳しいことは省くとして、男性の汗の臭いで好感の持てる匂いというのが人それぞれ違います。
これはDNAレベルの話なのでちょっとずれるかもしれませんが・・・、私はメガネさんの匂いがとても好きで、疲れた時はよく首根っこにひっついて、くんくんしては笑われているのですけど、免疫を補い合うのにとてもいい相性らしいのです。
確かに生まれたジュニアは滅多に風邪をひかないので、免疫力が高いと言えなくはありません。

自分を大切にしてくれて、しかもお互い行為を持ってくれて、匂いもなんだか落ち着くし、自分も相手に何かしたい・・・と思えたら、史上最高級の出逢い。逃がすべからず、です。

たとえ自分がうつ病がいつ治るかわからない不安な状態でも、いずれ元気になれるのは間違いないのですから。

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

毒になる親 一生苦しむ子供

家族や親への疑問が一気に解けた唯一の本。自分らしくいられます。

不幸にする親―人生を奪われる子ども

不幸にする親―人生を奪われる子供

自分を傷つける又は傷つけた親との関係性に答えが。『毒になる親』の続編。