禁煙したいんだけど…。

ストレスが多くなるとどうしても喫煙してる人は、煙草の本数が増えてしまいますよね。

やめたくてもやめられない、罪悪感を感じながら吸っていませんか?
ただでさえうつ病の時は、不安や落ち込みがひどいですから、悩みを少しでも減らした方が、気も楽になりますよ♪

私は以前かなりバカスカ(?)吸っていたのですが、ある日帰宅すると「煙幕か!」って言うくらい、部屋が煙だらけでモクモクしてたので、少し悩みました。
…乙女の部屋として煙幕はどうなの?と。(笑)

実際、本数が増えると胃も荒れてしまって、ただでさえ無い食欲をますます失くさせていたこともありました。困ったもんです。

担当医に相談すると、「1日10本までなら、まぁいいでしょう。」と何ともアバウトな事を言われたので、1日10本以上は吸わないでおくことだけ決めました。

本数を決めると不思議なことに、日によって煙草の本数が変わってくるのに気付いたので、煙草の数で自分のストレスのバロメータにするようになりました。

3本:非常に健やか。
5本:普通。
7本:ややうつがひどい。
8本:かなりうつ。
9本:気をつけろ!
かなり正確に反映されてました(笑)

後で臨床心理士の先生から聞いたのですが、精神的に煙草に依存している状態の時は、本数がそれほど多くなければ無理に禁煙しないほうがいいそうです。

禁煙で更にストレスを増やすと、病気の原因と向き合えなくなり、治療に差し支えるからだそうです。
禁煙したい方は、差し支えない時期になったらスッパリ禁煙してはどうでしょうか?

私はおかげで煙草の本数が減り、そのうち吸わない日や、無性に吸いたくなる日があったりと、波ができてきました。終いには煙草の匂いと輸入煙草の値上がりに嫌気が差して吸わなくなりました。

今は吸わなくなってもう2年半です♪

たまに(3ヶ月に1回くらい)吸いたくなる時はありますが、体がニコチンを欲しているのではなく、精神的に欲しているのだとわかっているので、そこはちょっと我慢しています。

その代わり「吸いたいー!」と叫んで発散してます。(笑)

どうやら煙草なしでも、自分の気持ちを発散できるようになると、心は煙草を必要としないようです。
無理せず、まずうつ病の回復を最優先に考えて、煙草と付き合いましょう。


“まずはうつ病を治してから、禁煙に挑戦しましょう♪”